前髪だけに生えてくる白髪の原因と対処方法とは?

前髪だけに白髪がたくさん生えてきてませんか?

前髪は鏡で見ると自分でも目につきやすい箇所なので、気になりますよね。

前髪に白髪が生える原因は日常生活のなかにいくつも潜んでいます。

そのまま放置していると、さらに増えてしまうかもしれません。

この記事では前髪だけに生える白髪の原因と、対処方法について紹介しています。

あなたの前髪に白髪が増える原因と、うまく隠したりキレイに染める方法がわかるのでぜひチェックしてみて下さい。

前髪だけに白髪が生えてくる6つの原因

白髪は加齢や遺伝によって生えてくることが多いのですが、前髪だけに白髪が生えてくるという場合には他の原因も考えられます。

まずは、前髪だけに白髪が生えてくるという場合に考えられる原因について見ていきましょう。

(1)眼精疲労による頭皮の血行不良

目を酷使して眼精疲労になると、目の周りやこめかみ等の前頭部の血行が悪くなり前髪に白髪が生える原因になります。

スマホやパソコンを長時間使用することが多い人は、こちらの原因に要注意です。

以下は眼精疲労の主な症状です。

  • 目がしょぼしょぼする
  • 目の奥の痛み
  • 視点を移動したときにピントがあわない
  • 目の充血
  • 目が乾く

眼精疲労の症状が出た時には、目を休めることや、目の周りやこめかみ部分をマッサージして血行を改善するようにすると白髪の予防になります。

(2)便秘や肛門の病気

肛門に関連する器官の調子が悪いと、身体へのサインとして前髪に白髪が生えることがあります。

おでこの上部には肛門と関係があるツボがあり、これが前髪の白髪へ影響を与えます。

  • 暴飲暴食
  • 長時間座りっぱなしのデスクワーク

これらは肛門の不調や痔などに大きな影響があります。

また女性の人に多い便秘も前髪だけに増える白髪の原因になっているかもしれません。

(3)化粧品による毛穴の詰まり

化粧品が前髪部分の毛穴に詰まることで白髪の原因になります。

おでこの生え際はメイクする時に化粧品が付着しやすい部分です。

化粧品で毛穴が塞がれてしまうと、髪の毛の色素を作るメラノサイトの機能が低下してしまうことが原因です。

前髪周辺をメイクする時には毛穴に付着しないように丁寧に行うことが大切です。

(4)シャンプーのすすぎ残し

シャンプーをした後のすすぎ残しが、白髪の原因になります。

シャンプーのすすぎ不足で、洗剤が頭皮や髪に残っていると、頭皮の炎症などトラブルを引き起こしてしまいます。

特に毛穴の中に残ったシャンプーは毛根を傷つけたり雑菌の繁殖につながります。

シャンプーのすすぎ残しは頭皮のトラブルの1番大きな原因とも言われています。

適当にシャンプーを洗い流していると、前髪部分のすすぎが弱くて白髪の原因になっているかもしれません。

(5)胃腸の不調

胃腸の不調も前髪の白髪の原因になります。

肛門と同じくおでこの上部には腸に関係するツボがあり、前髪の白髪の原因になります。

  • お酒の飲み過ぎ
  • 大食い
  • 刺激物の大量摂取
  • ストレス

これらは胃腸の不調の主な原因です。

日常的にこのような習慣をしている人も多いと思いますので気をつけましょう。

(6)紫外線による頭皮への刺激

太陽の紫外線は頭皮や色素細胞にダメージを与えてしまい、白髪の原因になります。

特に前髪部分の生え際や分け目は紫外線を浴びやすい箇所となります。

日本では紫外線は3月頃から増え始めて、7月頃がピークになります。

紫外線の量

また、時間帯的には10時〜14時頃が最も強くなります。

紫外線からの刺激を防ぐためには、UV対策スプレーや、帽子を被る方法が効果的です。

前髪は目につきやすい箇所なので白髪が多く感じることも

鏡で髪型を整えている時に見えるのは、ほとんどが顔の前側だけです。

だから前髪や耳回りの生え際だけしか目に入りません。

そのため、実際には頭頂部や後頭部にも白髪が生えてきているのに、目に入る前髪の白髪だけが気になってしまい、前髪だけ白髪が生えてくると思い込んでしまいます。

親しい友人でも他人の白髪を指摘する人は少ないと思いますので、後頭部などの見えない部分の白髪量を自分で把握するのは難しいです。

前髪の白髪が気になっている人は、家族や担当の美容師さんに全体的な白髪量についてチェックしてもらうと良いかもしれません。

前頭部は白髪の生えるスピードが早い?

前髪の白髪ってすぐに伸びてくるイメージがありませんか?

実はそんなことはなくて、前頭部(前髪)よりも後頭部や側頭部の方が伸びるスピードが早いと言われています。

一般的に髪の毛は1日に0.3mmほど伸びると言われています。

だから1週間で約2mm、1ヶ月で約1cm、1年で10cm以上も伸びています。

髪の伸びる速さは、年齢、性別、遺伝によってそれぞれですが、平均して1日に0.3~0.4mmと言われています。そのため、髪全体で1カ月で0.9~1.cm、1年で11~15cm伸びる計算になります。

しかし、髪全体の中でも、後頭部や側頭部は伸びるのが比較的早く、前髪や天頂部は比較的遅い方とされています。

「前髪の白髪だけやたらと早く伸びてきて困るな・・」と感じていても、他の部分も同じくらい伸びているので安心して下さい。

【毛量別】前髪だけに生えた白髪の対処方法

ここでは、前髪の白髪の量別に最適な対処方法を紹介します。

  • できるだけ手軽にケアしたい
  • 髪や頭皮に優しく染めたい

このような、あなたに最適な前髪の白髪を対処する方法が分かります。

数本程度ならヘアスタイルで隠す

数本程度の白髪ならヘアスタイルで隠すのが手軽でおすすめです。

  • 前髪にふんわり感やボリュームを持たせる
  • ピッタリと分け目をつけない
  • ロングヘアーよりもショートヘアー

髪の毛がぺたっとしていると、白髪が目立ちやすくなります。

だからパーマやヘアアイロンなどで前髪がふんわりとさせると白髪が目立ちにくくなります。

また、長い髪よりも短い髪の方が白髪は目立ちにくいので、白髪を隠すならショートヘアーがおすすめです。

白髪隠しに便利な前髪用ウィッグ

急に用事ができて白髪染めが間に合わないといった場合などには前髪用のウィッグが便利です。

前髪につけるだけで、白髪を隠すことができます。

前髪だけのものや、つむじまでをカバーするウィッグなど色んなタイプの商品があります。

また、人毛か人工毛かなどにより価格も様々です。

あなたの髪へ自然に馴染むウィッグを1つ用意しておくと、手軽に白髪隠しができてとても便利です。

まとまった本数なら部分染めでカバー

ヘアスタイルでは隠しきれない白髪量なら前髪だけを染める部分染めで対処しましょう。

ドラッグストアなどでも部分染め用のヘアカラーが売っていますので、そのような商品を利用すると良いでしょう。

部分染めのメリットとしては以下のようなポイントがあります。

  • 確実に白髪が目立たなくなる
  • 髪の傷みを少なくできる
  • 白髪染め代を安く抑えられる

髪全体を染めるのと比べると、髪や頭皮への負担を減らすことができますし、残ったカラー剤を次回以降に使えて経済的なことがメリットですね。

また、前髪なら自分でも塗りやすいので、ムラなく染めることができます。

ただし、部分染めは他の部分と色を上手く合わせないと不自然になってしまうので、そこだけは注意点です。

頭皮への刺激が気になるならトリートメントタイプの白髪染め

頭皮や髪に優しく部分染めをしたいならトリートメントタイプの白髪染めを選びましょう。

ドラッグストアなどで買えるヘアカラータイプの白髪染めは1回でよく染まるメリットがある反面、頭皮や髪への刺激が非常に強いため、髪がボロボロになったりアレルギー反応が起きるという危険性があります。

そこでトリートメントタイプの白髪染めなら、髪や頭皮への刺激が非常に少ないので、敏感肌の人でも使いやすい白髪染めなんです。

お風呂で素手で使えるので手間がかからない

1回で染める力はヘアカラータイプと比べると弱いですが、3回使えばかなりしっかりと染まります。

また、使い方もとても手軽で、シャンプーの後にお風呂でそのままトリートメント代わりとして塗って洗い流すだけです。

白髪染めは定期的に続けて使用するものなので、体に安全なものを使いたいという人は白髪染めトリートメントを試して下さい。

白髪染めトリートメントを初めて使うなら、定番のルプルプがおすすめです。

染まり具合が白髪染めトリートメントの中でもかなり高く、自然な色に染まるので私も長年愛用しています。

公式サイトでは初回のお試し価格でかなり安く買うこともできるのでぜひチェックしてみて下さい。

\前髪だけの白髪染めが劇的に変わる!/

前髪の白髪は抜くと増える?

白髪を抜くと増えるという噂を耳にしたことがあると思いますが、これはウソです。

前髪に数本程度の白髪なら抜いて対処している人もいると思いますが、白髪が増える原因にはなりません。

抜け毛による刺激で、一気に白髪が増えるかというと、そんなことはありません。白髪の毛根はメラノサイトの働きが低下していて、次に生えてくる毛も結局白髪であることが多いため、“抜くと増える”というイメージがあるのかもしれません

ただし、髪の毛を無理やり抜いていると、毛穴周辺の皮膚や毛細血管を傷つけてしまい炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

また、繰り返し同じ箇所の毛を抜いていると、毛根のダメージと毛の成長サイクルへの影響から毛が生えてこなくなるケースもあります。

数本程度の白髪は「抜く」よりも根本からカットするようにしましょう。

吹き出し

白髪を抜いていたら髪の毛が薄くなってきたなんて最悪なので気を付けましょう。

メラノサイトの機能低下が白髪を増やす原因

白髪が増えるのは髪の色素を作るメラノサイトという細胞の機能が低下することが原因です。

だから白髪を抜くことは白髪が増える原因になりません。

メラノサイトで作られるメラニン色素の量によって、黒髪、ブロンド、白髪といった髪の色が変わります。

前髪だけに白髪が増えるのも、前頭部のメラノサイトの機能が低下していることが原因になります。

これ以上前髪の白髪を増やさないケア方法

最後に前髪の白髪をこれ以上増やさないためのケア方法について説明します。

毎日の生活の中で少しずつ気をつけるだけで、前髪の白髪を予防することができますので、ぜひ実践して下さい。

頭皮マッサージで前頭部の血行促進

前頭部の凝り固まった箇所をマッサージして血行を促進しましょう。

血の流れを良くすることで、髪の毛の色素を作るメラノサイトも活性化することができます。

指の腹で頭蓋骨を掴むようにして、おでこの生え際から頭頂部にかけてマッサージしていきましょう。

マッサージのタイミングは目が疲れたと感じた時や、寝起きと夜がおすすめです。

朝と夜は血流量が減少しやすいので、そのタイミングでマッサージすると効果的です。

髪に良い栄養を摂る

栄養不足は髪の色素を作る機能にも影響して白髪の原因になります。

髪に必要な以下の栄養をしっかりと摂りましょう。

  • たんぱく質
  • ミネラル
  • ビタミン
  • チロシン
  • ヨード

特に外食やコンビニのお弁当が多い食生活の人は要注意です。

紫外線から頭皮を守る

太陽からの紫外線は細胞の老化を招くために白髪の原因にもなります。

特に前髪は生え際や分け目に紫外線が当たりやすいのできをつけなければなりません。

紫外線の強い日はできるだけ日陰に入ったり、帽子を被るなどの対策を行いましょう。

前髪だけに生えてくる白髪は適切に対処しましょう

この記事では前髪だけに生えてくる白髪について、原因と対処方法について紹介してきました。

  • 目の疲れ
  • 肛門周りの不調
  • 化粧品の毛穴の詰まり
  • シャンプーのすすぎ残し
  • 胃腸の不調
  • 紫外線の刺激

前髪の白髪の原因は1つではありません。

あなたが思い当たる要因に対してしっかりと対策を行っていきましょう。

また、白髪の量に合わせてヘアスタイルや部分染めで適切に白髪を隠しましょう。