ミニクラの倉庫の湿度管理体制ってどうなってるの?

ミニクラの倉庫の湿度管理体制ってどうなってるのか気になりますよね?

大切な自分の本を預けようかなと思った時に

  • カビは大丈夫かな?
  • 傷ついたりしないかな?

このようなポイントが心配になると思います。

でも安心して下さい。

ミニクラは湿度はもちろんのこと、温度・セキュリティまで24時間体制で徹底して管理されています。

だから大切な本も安心して預けることができるんです。

この記事ではそんなミニクラの倉庫の管理体制について紹介しています。

ミニクラに自分の大切な本を安心して預けられるかどうか不安な人はぜひチェックしてみて下さい。

ミニクラの倉庫ではカビの発生しにくい湿度管理で大切な本も安心

ミニクラの倉庫ではカビの発生しにくい湿度管理で大切な本も安心

ミニクラの倉庫では24時間365日(1日2回チェック)体制で湿度と温度が管理されています。

これによって大切な本にカビが生えない環境が常に保持されています。

保管温度 保管湿度
10〜28度 40〜65%

また、入出庫の時に倉庫内の温度が急に変わらないように、季節によって温度・湿度が調整されています。

吹き出し

これなら本のカビ対策もバッチリですね。

我が家でもとっても大切にしている本が何冊かあるのですが、安心して預けることができました。

ミニクラはセキュリティ対策もバッチリなので盗難の心配もナシ

ミニクラはセキュリティ対策もバッチリなので盗難の心配もナシ

ミニクラではいくつものセキュリティシステムを組み合わせた高いレベルのセキュリティシステムが導入されているので、盗難対策もバッチリです。

  • 有人管理
  • 機械警備
  • 各種防犯設備監視カメラ
  • 人感センサー
  • 外周セキュリティ

また、商品の入出庫はミニクラ専門スタッフのみで行われているので関係者以外は入れないようになっているそうなので安心です。

預けた本が災害などで破損した場合にもミニクラでは保証サービスがあるので安心

預けている荷物に万が一何かあった場合は、荷物の値打ちに相当する金額を保証してくれます。

お預かり中の保証につきましては寄託価額(きたくかがく)を基に対応いたします。

寄託価額とは、寄託(保管するために預ける行為)する荷物の値打ちに相当する金額を指します。

但し、保管中の荷物に万一の事故が発生した場合など火災保険等で保証できる金額の上限(時価額)となり、

サービス毎に寄託価額が設定されています。

詳しくは「利用規約」をご確認ください。

吹き出し

もし倉庫に事故や災害があった場合でも、いくらかは保証してくれるので安心ですね。

本を湿度や盗難から守るなら自宅よりもミニクラがおすすめ

ミニクラの倉庫では温度・湿度管理がしっかりと行われていますし、セキュリティ対策もバッチリですね。

自宅で長期間保管しておくよりも、本にとっては良い環境で保管することができますね。

「ミニクラの倉庫ってきちんと管理されているの?」と不安に思っていた人もこれで安心して預けることかできると思います。

ミニクラは200円からと大変リーズナブルに始めることができますので、ぜひ利用してみて下さい。