更年期で料理したくない原因とおすすめの対処方法!

更年期になると料理したくない時がありますよね?

平日は仕事の後になんとか料理を作って、土日くらい休みたいと思っても夫に文句を言われて、ストレスが溜まる一方です。

そこで、この記事では更年期で料理をする気が起こらないという人のために、おすすめの対処方法を紹介しています。

できるだけ手間をかけずに料理をする方法や、更年期障害の症状を和らげる方法がわかります。

この記事をチェックしてもらえば、倦怠感で料理したくない時でも乗り切れるようになります。

更年期でやる気が出ない人はぜひお付き合い下さい。

更年期で料理したくない理由とは?

更年期で料理したくない理由とは?

やる気が出ない、能率が上がらない、モチベーションが上がらない、これは更年期特有の症状です。

このような状態だと毎日を楽しく過ごすことができませんね。

どうして更年期はこのような症状が出るのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れでやる気出ない

更年期は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急に減少します。

これによりホルモンバランスが乱れてしまい、体や心にさまざまな不調が表れてしまいます。

もう少し具体的に説明すると、更年期になり卵巣の機能が衰えてくると、脳がホルモンを出すように指示を出しても、思うように分泌されません。

これにより脳は通常の何倍もの指令を送ることになり「やる気が出ない」「イライラ」などの症状が起こります。

更年期の倦怠感はいつまで続くの?

更年期は一般的に45歳〜55歳頃の10年間を指します。

個人差はありますが、女性は50歳前後で閉経を迎えます。

この閉経を挟んで前後10年で女性ホルモンの分泌が減少するために、更年期特有の症状が表れやすくなります。

閉経後約5年経過すると更年期は終わり、更年期に見られた症状が解消されてきます。

更年期障害の症状としては、やる気が出ない他にも以下のようなものがあります。

  • 肩こり
  • 疲れやすい
  • 頭痛
  • イライラ
  • 汗をよくかく
  • 不眠

更年期とうつ病の関係とは?

更年期にはうつ病を発症しやすくなります。

女性ホルモンの減少が影響しているのですが、その他にも環境的なものも大きな影響の1つです。

更年期は子供が自立して母親としての役割が変わることや、親の介護や仕事での責任など社会的な環境が変化しやすくなる時期です。

このような心理的な要因も更年期にうつ病を発症させる原因になります。

吹き出し

更年期障害の症状が重い場合にはうつ病を発症している可能性もあるので、精神科や心療内科で早めに診察してもらいましょう。

料理したくない時におすすめの対処方法

料理したくない時におすすめの対処方法

更年期で料理したくない時におすすめの、手間のかからない対処方法を紹介します。

「手抜きって言われてもいいじゃない!」効率よくやればやる気の出ない時も乗り切ることができます。

スーパーのお惣菜を利用する

スーパーのお惣菜を利用しちゃいましょう。

パックからお皿に移し替えるだけで、立派な1品になります。

あとは冷凍食品も便利ですね。

最近では色んな種類の冷凍食品があるので、毎日順番に利用できます。

とにかく料理を作るのが面倒なら買ってきちゃいましょう。

お皿への盛り付けは家族それぞれでやる

作った料理をお皿へ盛り付けたり、取り分けるのって意外と面倒ですよね。

これはもう家族それぞれにやってもらいましょう。

お鍋やフライパンに料理だけしておいて、食べたい人が食べたい量だけ自分のお皿に移すようにすれば盛り付けの手間が省けます。

小さな子供がいれば難しいですが、中学生くらいの子供になれば自分でできます。

けっこう楽チンになるのでぜひ試してみて下さい。

皿洗いは食洗機でやる

皿洗いは食洗機でやるとかなり楽になります。

家族4人分にもなるとお皿洗いはけっこう大変ですよね。

しかもせっかく終わったと思ったら、食べるのが遅かった夫の食器だけ残ってたなんてこともあります。

食洗機なら軽く水で流して機械に入れるだけなので、お皿洗いの手間が大幅に軽減されます。

システムキッチンに組み込むタイプじゃなくても、工事不要で卓上型の食洗機も30,000円程度で販売されています。

お皿洗いが面倒くさくて料理したくないと感じている人は食洗機を試してみて下さい。

献立は固定化して考えない

献立は1ヶ月分とか1週間分をまとめて考えておくと献立を考える苦労を軽減できます。

毎日毎日、今日の晩ご飯は何にしようかなと考えるだけで料理のしたくなくなってきますよね。

でも1週間分(1ヶ月分)とかをまとめて考えておいて、さらにそれを繰り返せば献立を毎日考える必要はありません。

1週間分を繰り返して飽きてきたら、また新しく1週間分を考えてそれを繰り返すという感じにすれば献立を考える負担がかなり軽減できます。

しかも食材をまとめ買いしやすくなるので、買い物の負担も軽くなります。

まずは1週間分の献立をまとめて考えてみましょう。

宅配食材を利用すると料理の手間が大幅カットできます

宅配食材を利用すると料理の手間が大幅カットできます

宅配食材を利用すれば、料理に必要な食材を使う分だけ届けてくれるので、とても簡単に料理ができるようになります。

買い物に行く必要もないですし、レシピ通りに料理していくだけなので、負担が大幅に軽減できます。

また、レトルトや冷凍の食材を届けてくれる宅配食材もあるので、レンジなどで温めるだけで料理することができます。

これなら旦那さんや子供でも簡単に作ることができますね。

どうしても料理をしたくない時はこのような宅配食材を利用してみましょう。

宅配食材の代表的なサービスは以下のようなものがあります。

  • ヨシケイ
  • パルシステム
  • オイシックス

更年期の意欲低下を和らげる方法

更年期の意欲低下を和らげる方法

更年期でやる気が出ないといった意欲低下を和らげる方法を紹介します。

人によって効果はまちまちですが、少しでも症状を和らげたい人は実践して下さい。

睡眠をたっぷりと取る

生活習慣の乱れは更年期障害に大きな影響がありますが、その中でも睡眠は特に重要です。

睡眠時間が短い人は更年期障害の症状に悪影響を与えている可能性があります。

しっかりと睡眠時間をとることや、夜型で生活している人は、規則正しく早寝早起きするように改善しましょう。

また、更年期障害で不眠の症状がある人は病院で誘眠剤などを処方してもらい、睡眠の質を上げましょう。

漢方薬を飲む

更年期のつらい症状は漢方薬や薬膳料理で和らげることができます。

更年期の女性に処方される漢方薬は以下のようなものがあります。

加味逍遙散
(かみしょうようさん)
体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちのある方の更年期障害、不眠症など
温経湯
(うんけいとう)
体力中等度以下で、手足がほてり、唇がかわく方の更年期障害、不眠など
五積散
(ごしゃくさん)
体力中等度又はやや虚弱で、冷えがある方の更年期障害、頭痛など
桂枝茯苓丸
(けいしぶくりょうがん)
比較的体力があり、肩こり、頭痛、めまい、のぼせて足冷えなどのある方
更年期障害、肩こりなど
温清飲
(うんせいいん)
体力中等度で、皮膚はかさかさして色つやが悪く、のぼせる方の更年期
障害、神経症など
当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん)
体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすい方の更年期障害
むくみ、冷え症など

漢方薬は複数の症状に効果が現れるのも良い点です。

その人の症状や体質に合わせて処方されるので、ぴったり合えばよく効きます。

また、健康維持や体質改善に効果のある薬膳料理を食べるのも更年期の症状緩和に効果的です。

薬膳料理を食べる

薬膳料理は病気の予防や健康を保つための食事のことです。

更年期の症状を和らげるのに薬膳料理を食べることも効果的です。

薬膳料理と聞くと、漢方の生薬や薬草などを使った料理をイメージする人も多いと思いますがそんなことはありません。

薬膳料理は本来、季節に合わせた旬の食材をその人の体調に合わせて作るものなので、特別な食材を使う必要はありません。

もちろん自宅でも簡単に作れる薬膳料理もたくさんあります。

ただ、料理をしたくないと悩んでいる人には自分で作るのは辛いですよね。

薬膳料理が食べれるお店もたくさんありますので、近所で美味しい薬膳料理が食べれるお店を探してみてはいかがでしょうか?

旦那さんにも更年期の症状を理解してもらいましょう

旦那さんにも更年期の症状を理解してもらいましょう

旦那さんに辛い更年期の症状を理解してもらうだけでも、かなり心の負担が軽くなります。

男性で女性特有の更年期障害の症状を理解している人は多くありません。

だからこれまでと同じ感覚で接してきます。

あなたの辛い症状を旦那さんにも理解してもらえれば、料理を手伝ってくれたり、家事を手伝ってくれるかもしれません。

また、料理したくない時は外食にしたり、お弁当にしたりといった提案もしてくれるかもしれません。

1人で悩まないで旦那さんに相談して、一緒に更年期の辛い症状を乗り越えましょう。

やる気が出ない時は無理をしないこと!

この記事では更年期で料理したくない時の対処方法について紹介してきました。

やる気が出ない時にはできるだけ楽をして乗り切りましょう。

  • スーパーのお惣菜を利用する
  • お皿への盛り付けは各人で
  • お皿洗いは食洗機で
  • 献立を固定する
  • 宅配食材を利用する

こんな感じで無理をしないで、できるだけ手間を省ける方法で料理をしましょう。

我慢をしているとうつ病を発症することがあります。

体の健康が1番なのでくれぐれも無理をしない下さいね。