ルプルプは美容室での白髪染めと併用できる?

白髪染めトリートメント「ルプルプ(LPLP)」と美容室での白髪染めは併用できるのでしょうか?

美容室での白髪染めはキレイに仕上がるけれども時間もお金もかかるので、できるだけ回数を減らしたいですよね。

そこで、次の美容室までの間はルプルプでつないでおければ、手軽にお財布にも優しく白髪染めができます。

これって大丈夫なのでしょうか?

結論から言うとルプルプを使ってから2週間開ければ美容室との併用ができます。

ただし、色を明るくしたり、カラーチェンジしたい時は難しい場合があります。

そこで、この記事では白髪染めを美容室とルプルプで併用する時の注意点について紹介しています。

美容室での白髪染めのつなぎにルプルプを使いたい人はぜひチェックしてみて下さい。

ルプルプと美容室での白髪染めの間隔は2週間

ルプルプと美容室での白髪染めの間隔は2週間

ルプルプを使用した後に美容室で白髪染めをする場合は、2週間の間隔をあけるようにしましょう。

理由はルプルプの染料が髪の表面に残っているとトラブルの原因になるからです。

  • カラーが定着しにくい
  • 思った通りの色に染まらない
  • 変色する可能性がある

2週間くらい時間が経つと、ルプルプの染料が落ちてくるので、美容室での白髪染めも問題なく行えるようになります。

ルプルプを使って2週間経つと、色落ちも目立つ箇所が出てくるかもしれませんが、美容室での白髪染めをキレイに仕上げるためには少し我慢が必要です。

吹き出し

ちなみにルプルプの公式サイトでは1週間の間隔を開けるように書かれていますが、美容師さんの口コミなどを調べていると2週間は開けたほうが安全そうですよ。

明るい色へのカラーチェンジは要注意!

明るい色へのカラーチェンジは要注意!

ルプルプの染料が髪に残っている場合に、明るい色へカラーチェンジしようとすると、髪へ負担が大きくなります。

暗い色(同じ暗いの明るさ)に染める場合は問題ないのですが、明るい色へ染める場合は一度カラートリートメントの染料を落とさなければなりません。

この作業があるため、髪に負担がかかり、ダメージの原因になってしまいます。

もし明るい色へカラーチェンジしたい場合は、1ヶ月以上の間隔を置いてルプルプの染料が完全に髪から落ちてから美容室で染めてもらうのがおすすめです。

ルプルプと美容室を併用するメリット

ルプルプと美容室を併用するメリット

美容室での白髪染めのつなぎとしてルプルプを使うのにはいくつかメリットがあります。

  1. 美容室に行く間隔を伸ばせる
  2. 美容室に費やす時間が減る
  3. 白髪染めにかかる費用が安くなる

私も以前は月に1回は白髪染めだけで美容室に通っていたので、時間的にも経済的にも厳しかったです。

でもルプルプと美容室を併用してからは、髪をカットするタイミングだけ美容室で白髪染めをするようになったので、とっても楽チンになりました。

もちろんルプルプと美容室は2週間くらい間隔を開けるので、これまで変色などの問題は起こっていませんよ。

美容師さんには事前にルプルプを使っていることを伝えましょう

最後になりますが、美容室で白髪染めをする場合には必ず美容師さんにルプルプ(ヘアカラートリートメント)を使っていることを伝えるようにして下さい。

そうしないと、思った通りのカラーに仕上がらなかったり、変色などのトラブルになる可能性があります。

あらかじめ、どれくらい前にルプルプを使ったかを美容師さんに伝えておけば、髪の状態を見て適切な対応をしてくれます。

ルプルプは正しく使えば美容室での白髪染めと併用することができますので、ぜひ上手に活用して下さい。