一人暮らしのご飯がめんどくさい人へ、お手軽で健康的な料理方法!

一人暮らしをしているとご飯を用意するのがめんどくさいですよね?

仕事で毎日忙しいとご飯を作る気にならないですし、食材の買い物に行くのですらめんどくさいと思います。

ただ、毎日コンビニ弁当や外食が続くと健康面が心配になってきますよね?

実際に食生活が乱れていると、若い頃は健康面で問題なくても、40代くらいになるとその影響が急に表れてくるものです。

そこでこの記事では一人暮らしでご飯がめんどくさいという人のために、簡単に準備ができて栄養バランスもとれる食事方法を紹介しています。

一人暮らしでも健康的なご飯をできるだけ手軽に摂りたい人はぜひチェックしてみて下さい。

一人暮らしでご飯がめんどくさい人におすすめの簡単料理

一人暮らしでご飯がめんどくさい人におすすめの簡単料理

まず最初に一人暮らしでご飯がめんどくさいという人におすすめの、とても簡単に準備ができる料理3種類を紹介します。

どれも5分もあれば簡単に準備ができてしまう料理です。

またコンビニ弁当や外食よりもリーズナブルで、安全面でもおすすめの食品です。

とにかく自炊するのがめんどくさいという人はこちらを活用すると良いでしょう。

調理が簡単な冷凍食品

冷凍食品はレンジで温めるだけで調理ができるので、ご飯を作るのがめんどくさい一人暮らしの人にはピッタリです。

ラーメンやパスタ、チャーハンなど、それだけで1食になるものから、ハンバーグや唐揚げなどのおかずになるものなど、様々な種類の冷凍食品が販売されています。

長期間の保存ができるので、買い溜めできるという点も一人暮らしの人にはメリットです。

また冷凍保存をするので、食中毒の原因になる微生物の活動を抑えることができるという安全性もあります。

5分程度でご飯が出来上がる冷凍食品は一人暮らしの強い見方です。

吹き出し

冷凍食品の賞味期限は家庭用の冷蔵庫で購入後4ヶ月程度です。-18度以上で管理すると1年くらい保存できるようなのですが、家庭用の冷蔵庫では難しそうですね。

常温でも長期間保存が可能なレトルト食品

レトルト食品はレンジで温めたり湯煎をするだけで調理ができるので、冷凍食品と同じくご飯を作るのがめんどくさい人にピッタリです。

特にレトルト食品ではカレーや牛丼などご飯にかける系の商品が豊富ですね。

レトルト食品のメリットとしては以下のような点があります。

  • 常温保存ができる
  • 栄養素が消失しない
  • 保存料、殺菌料を使わないので安全

白米や麺類を別で用意する必要がありますが、冷凍食品よりも安く手に入れられるのも嬉しいポイントです。

吹き出し

レトルト食品は常温保温ができるので良いですね。冷凍食品は冷凍庫が狭いとたくさんストックできないですもんね。

スーパーのお惣菜

スーパーのお惣菜は調理する必要がなくて買ってくるだけなので、一人暮らしのご飯がめんどくさい人の強い見方です。

オリジン弁当などお惣菜の量り売りをしているお店もあるので、自分が食べたい量に合わせて買うこともできます。

また栄養成分が載っているパッケージを使用しているお店もあるので、栄養面の管理もできます。

買ってきた入れ物をそのまま食器として利用すれば洗い物も減らせるので一石二鳥です。

吹き出し

仕事終わりの夕方、夜にスーパーへ行くと半額になったお惣菜もあるので、ちょっとした楽しみになりますね。

栄養面で気をつけたい一人暮らしのご飯

栄養面で気をつけたい一人暮らしのご飯

一人暮らしのご飯はついつい外食やコンビニ弁当に頼りがちになってしまいますね。

でも心配なのは栄養面です。

今は特に問題なくても、年齢を重ねるにつれて体に異変が出てくる可能性もあります。

ここでは、一人暮らしでご飯がめんどくさい人が気をつけるべき食生活について紹介します。

コンビニのお弁当はミネラル不足に注意

コンビニのお弁当に使われている野菜はミネラル不足に注意が必要です。

コンビニの弁当で使われている野菜を調理する際には、塩素系消毒剤につけ洗いしたり、水にさらすという工程があります。

この工程で野菜に含まれているミネラルが流れ出てしまいます。

また煮物に使われている野菜でも煮汁に栄養素が流れ出てしまうので、ミネラルが失われてしまいます。

ミネラルは五大栄養素の1つで健康の維持や体を作るために必要不可欠の栄養素です。

「1日分の野菜が摂れる」といった表記がある商品でも、コンビニのお弁当では野菜本来の栄養素を得ることができない可能性もありますので、気をつけましょう。

外食、デリバリーは栄養バランスに注意

外食やデリバリーは栄養バランスが取りにくいので注意が必要です。

一人暮らしだとご飯を作るのがめんどくさいので、外食やデリバリーを頻繁に利用するという人も多いと思います。

ただし、外食のメニューは糖質・炭水化物・脂肪が中心になりやすく、たんぱく質・ビタミン・カルシウム・鉄分が不足しやすくなります。

また味が濃くて塩分が高いものが多いので、高血圧の原因にもなります。

外食やデリバリーを頻繁に利用する人は以下の点に気をつけて下さい。

  • 丼物よりも定食やセットを注文する
  • 洋食よりも和食を注文する
  • 晩ご飯が外食なら朝と昼ご飯で栄養バランスをとる

以上のポイントに気をつけることで、外食やデリバリーでも栄養バランスの取れた食生活に近づけることができます。

一人暮らしの偏った食生活にはサプリで栄養サポート

一人暮らしの偏った食生活にはサプリで栄養サポート

外食やコンビニ弁当などが多くて、栄養バランスが心配な人はサプリメントで栄養をサポートするのがおすすめです。

一人暮らしで栄養不足が心配な人は、ビタミンやミネラルを選ぶと良いでしょう。

また、ビタミンでもたくさんの種類があるので、どれを選べば良いかわからないという場合には基本的なビタミンが満遍なく含まれているマルチビタミンを選びましょう。

少しの工夫でめんどくさい一人暮らしご飯が健康的で手軽に!

最後に一人暮らしのご飯がめんどくさいけど、栄養面は気になるという人におすすめの料理方法を紹介します。

「調理するのがめんどくさい」「スーパーへ買い物に行くのもめんどくさい」という人でも少しの工夫でめんどくささが半減できます。

さらに栄養面も考えて献立が作れるので、ぜひ試してみて下さい。

献立の基本形を決める

献立を1週間分や1ヶ月分を予め決めておくと「今日は何を作ろうかな?」という悩みがなくなり、ご飯のめんどくささを軽減することができます。

また材料もリストアップしておけば週末にまとめて買うことができるので、毎日スーパーへ行く手間も省けます。

さらにスーパーで買い物をする時に必要な材料と量がわかっているので無駄な買い物が減りますし、無駄にお店をウロウロする必要もなくなるので効率よく買い物ができます。

一人暮らしだけど、できれば自炊をしたいけどめんどくさくて出来ていないという人は献立の基本形を決めてみてはいかがでしょうか。

週末に料理を作り置きする

毎日忙しくてご飯を作るのがめんどくさいという人は週末に1週間分を作り置きしておくのがおすすめです。

日持ちするメニューや冷凍保存できる料理を週末に作っておき、平日は温めて食べるだけです。

栄養面も考えて作れるので、栄養バランスの取れたご飯を食べることができます。

平日は仕事で忙しくてご飯を作る時間がない人にも作り置きはおすすめです。

吹き出し

「作り置き レシピ」で検索したら美味しそうなレシピがたくさん出てきますね。

調理時間が短縮できる食材配達を利用する

食材配達は献立に必要な食材が必要な分量だけ届くサービスです。

予め献立をカタログから選んでおけば食材が届いて後は調理するだけです。

味付け済みの食材が届くので調理時間が短縮できるメリットもあります。

食材配達の代表的なサービスには以下のようなものがあります。

  • オイシックス
  • コープデリ
  • ヨシケイ
  • パルシステム

スーパーで買うよりは割高ですが、買い物をする時間が省けるのと、レシピが付いているので料理が苦手な人にもおすすめです。

チンや湯煎だけでOKな宅配サービスも!

一人暮らしでご飯を調理するのがめんどくさいという人は完成済みの料理を届けてくれる食材配達サービスがおすすめです。

冷凍もしくは冷蔵状態で届けられるので、電子レンジで温めるだけで食べることができます。

もちろん栄養バランスを考えられたメニューが多いので、健康面が気になる人にも安心です。

めんどくさい一人暮らしのご飯を毎日の楽しみに!

この記事では一人暮らしでご飯を作るのがめんどくさいという人のために簡単に用意できる食事について紹介してきました。

これまで全く自炊をしなかったのに、急に毎日自炊するのは難しいと思います。

一人暮らしのあなたのライフスタイルに合わせて宅配食材なども活用しながら、少しでも健康的な食生活へ改善して行きましょう。

栄養バランスの取れた食生活は、気持ちも前向きに変えてくれます。

少しづつでも良いので食生活を見直していきましょう。