へそ毛(腹毛・ギャランドゥ)

除毛クリームはへそ周りの腹毛(ギャランドゥ)に使えるのでしょうか?

セルフで簡単に使える除毛クリームがへそ周りの腹毛にも使えたらとても便利ですよね。

除毛クリームはへそ周りの腹毛にも使うことができますが、デリケートな部分でもあるので使用の際は注意しなければならないポイントもあります。

この記事ではへそ周りの毛に除毛クリームを使う場合の注意点と上手に使うコツについて紹介しています。

正しく除毛クリームを使えばへそ周りの腹毛が簡単にツルツルになります。

海やプールで上半身裸になった時に恥ずかしくないように、へそ毛の処理方法をチェックしておきましょう。

除毛クリームをへそ周りの腹毛(ギャランドゥ)に使う時の注意点

除毛クリームをへそ周りの腹毛(ギャランドゥ)に使う時の注意点

除毛クリームは基本的にはへそ周りでも他の部位と同様に使うことができるのですが、使用する際に覚えておくべき注意点があります。

安全に除毛クリームを使うために大切なポイントなので必ず覚えておきましょう。

へそ周りは皮膚が薄いので頻繁な使用は避ける

へそ周りや下腹部は皮膚が薄い部分なので、除毛クリームの使用頻度は抑えて使用しましょう。

除毛クリームは毛を溶かしてムダ毛を処理するもので、皮膚への負担も少なくはありません。

お肌に優しいものや敏感肌用の商品もありますが、頻繁な使用は避けた方が無難です。

他の部位なら1週間に1回くらいの頻度で使用しても大丈夫ですが、へそ周りはお腹を露出するイベントの直前だけにしておくくらいが良いでしょう。

除毛クリームがへその中へ入らないように塗る

除毛クリームを塗る際はへその中にまでベッタリと塗らないようにしましょう。

へその周りは皮下脂肪が少ないので、刺激に弱い箇所となります。

除毛クリームがへそに少し付いてしまったくらいは大丈夫だと思いますが、毎回毎回ベッタリと塗るような使い方は控えた方が良いでしょう。

へそ周りの腹毛は除毛クリーム後の抑毛ローションがおすすめ

へそ周りの腹毛は除毛クリーム後の抑毛ローションがおすすめ

へそ周りの腹毛に除毛クリームを使った後は、抑毛ローションを使いましょう。

抑毛ローションは毛の発育を抑制する働きがあるので、除毛クリームの使用後に使うとムダ毛の無いキレイな状態を長持ちさせることができます。

特にへそ周りは肌が白いことや、毛が太いこともあり、生えたての短いムダ毛でも目立ちやすくなってしまいます。

抑毛ローションは除毛クリームで処理した部位に塗り込むだけなので、とても簡単に使えます。

主要成分は大豆なので、お肌にも優しく、へそ周りのデリケートな部分にも安心です。

ーーーあわせてーーー

抑毛ローション

ーーーーーーーーーー

へそ周りの腹毛(ギャランドゥ)を処理する3つのメリット

へそ周りの腹毛(ギャランドゥ)を処理する3つのメリット

(1)コンプレックスの解消

へそ周りやお腹の毛をコンプレックスに感じている人は多いと思います。

プールや海、温泉では人目が気になってしまうので、行くのが億劫になってしまいますよね。

でも除毛クリームでへそ周りの毛を処理しておけば、人目を気にすることなく水着や裸になることができます。

(2)鍛えた腹筋が露出できる

へそ周りやお腹の毛がモジャモジャだと、せっかく鍛えた腹筋が目立たなくなってしまいます。

キレイに割れた腹筋よりも、ギャランドゥに目が行ってしまいます。

除毛クリームでムダ毛を処理しておくことで、鍛え上げた腹筋をしっかりとアピールできて、男らしさを上げることができます。

(3)清潔感UPで女性への好感度もUP

へそ周りの毛(ギャランドゥ)は不潔に感じる女性も多くいます。

「臭そう」「陰毛みたい」という意見が多いのが事実です。

除毛クリームでツルツルの状態にしておくことで、清潔感をUPさせることができ、女性への好感度も良くなります。

また婚活中なら少しでも女性に嫌がられる要素をカットしておくことで自分に自信が持てますね。

へそ周りの腹毛への女性の本音は?

へそ周りの腹毛への女性の本音は?

へそ周りの腹毛を処理しようかどうか悩むのは、やはり女性の目が気になるからですよね。

ここからはへそ周りのムダ毛(ギャランドゥ)に対する女性の本音を見ていきたいと思います。

約95%の女性がギャランドゥは濃くない方が良い

女性を対象に男性のへそ周りの毛(ギャランドゥ)についてアンケート調査を行ったところ、約95%が「絶対に濃くない方がよい」「あまり濃くない方がよい」という結果になりました。

やはりへそ周りの毛はアンダーヘアから繋がっているイメージや、蒸れなどの不潔な印象を与えてしまいます。

また、へそ周りの毛は生えていると嫌がられる部位のトップ3に入る部分という調査結果もあります。

約88%の女性がムダ毛処理を認める

さらにへそ周りの毛(ギャランドゥ)を処理することについては、約88%が「特になにも思わない」「脱毛して欲しい」「セルフケアして欲しい」という肯定的な考えを持っていることがわかりました。

男性の中にはムダ毛処理をすることに抵抗を感じていいる人もいると思いますが、へそ周りの毛は積極的に処理した方が女性への好感度は上がると言えます。

カミソリ・シェーバーはへそ周りの腹毛に使いやすい?

カミソリ・シェーバーはへそ周りの腹毛に使いやすい?

ムダ毛のセルフケアと言えばカミソリやシェーバーの使用が最も手軽にできる方法ですが、除毛クリームと比較するとどうなのでしょうか?

カミソリやシェーバーをへそ周りのムダ毛に使う場合には、除毛クリームと比べてデメリットや注意点がありました。

へそ周りは太い毛が多いので深剃りをしないと目立つ

へそ周りのムダ毛は太い毛が多いので、カミソリやシェーバーで処理をするとカットした断面が大きくなり、黒いポツポツが目立ちやすくなります。

処理後の黒いポツポツを目立ちにくくするには、深剃り用のカミソリやシェーバーを使うようにしましょう。

一方で除毛クリームは毛を溶かして処理後の毛の断面が大きくなりにくいので、カミソリやシェーバーと比較すると黒いポツポツは目立ちにくくなります。

へそ周りは肌が柔らかいので剃りにくい

へそ周りは肌が柔らかい部位なのでカミソリやシェーバーが使いにくくなります。

使い方のポイントとしては片方の手で皮膚を引っ張り、肌の凸凹をフラットにしながら剃るようにしましょう。

またカミソリは毛流れに沿ってシェービングしていきますが、お腹の毛は毛流れがバラバラなので目視でよく確認しながら使用しなければなりません。

こちらの点についても除毛クリームなら塗って洗い流すだけなので、肌の柔らかさや毛流れは気にしなくて良いので簡単に使えます。

へそ周りの腹毛に効果的な除毛クリームの使い方のコツ

へそ周りの腹毛に効果的な除毛クリームの使い方のコツ

へそ周りのムダ毛に除毛クリームを使う場合は、基本的に他の部位と同様で「塗ってから放置して荒い流す」という使い方ですが、へそ周りならではのちょっとした使い方のコツがあります。

ちょっとしたポイントなので、覚えておくだけでへそ周りのムダ毛をよりキレイに処理することができます。

除毛クリームの使用前に1~2ミリの長さへシェービング

へそ周りに除毛クリームを塗る前には、長い毛を1~2ミリの長さへシェービングしておくことがキレイに除毛するコツになります。

へそ周りは太くてクセの強い毛が多いので、そのまま除毛クリームを塗ると毛でクリームが浮いてしまいます。

そうなると毛の根本にクリームがつかない部分も出てくるためキレイに仕上がりません。

だからへそ周りに除毛クリームを使う場合は、事前にカミソリやシェーバーで長い毛を短くカットしておくことがポイントです。

肌が白いへそ周りは目立つのでムダ毛処理はイベントの直前に

へそ周りのムダ毛処理は海やプール、温泉などお腹を露出するイベントの直前に行いましょう。

へそ周りは肌が白く毛が太いので、除毛クリームと言えども他の部位と比べて生えはじめの毛でも目立ちやすくなります。

できればイベントがある前日の夜にムダ毛処理をするのがベストなタイミンングです。

へそ周りの腹毛は除毛クリームで簡単・手軽にケアしましょう

ここまでへそ周りのムダ毛(ギャランドゥ)に除毛クリームを使う方法や注意点について紹介してきました。

除毛クリームはカミソリやシェーバーに比べて簡単でキレイに仕上げることができることがわかったと思います。

ただし、へそ周りはデリケートな部分でもありますので、安全面には注意しながら使用することが大切です。

除毛クリームでへそ周りの毛をキレイに処理して、海やプールで思いっきり遊びましょう。

あと最後に余談ですが、へそ毛が無くなるとベルトに挟まって「痛いっ!」というのも無くなりますね。