口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

食後の爪楊枝って口臭予防対策に効果はあるの?

よくおじさんが食後に爪楊枝を口にくわえて「シーッ、シーッ、チュッチュッ」みたいな音をさせてますよね(笑)あれは周りから見ていてあまり気持ちの良いものではないですが、いったいおじさんたちは何の為に爪楊枝を加えているのでしょうか?

おじさんと爪楊枝

食後に爪楊枝を使用するのは食べかすが歯と歯の間に挟まって気持ち悪いからですよね。挟まった食べかすを舌で取ろうとしてもとれない時に爪楊枝だと簡単にとれます。ということは食後のおじさんの歯には食べかすがたくさん挟まっているということになります。実際に、年をとると歯茎が痩せてくることで、歯と歯の隙間が大きくなってきますので、食べかすも挟まりやすくなります。

食べかすと口臭の関係とは

口内にはたくさんの細菌がいるのですが、この細菌は食べかすを栄養にして繁栄しようとするのです。そしてその最近がたべかすを分解する時に口臭の原因となるメチルカプタンという成分が発生してしまいます。なので食後に爪楊枝を使って食べかすを取ることは口臭予防対策に効果があるということになります。

爪楊枝と口臭予防対策について

さきほども紹介したように爪楊枝で食べかすを取ることは口臭予防対策には効果があります。しかし、爪楊枝では歯の隅々までは掃除できませんし、爪楊枝の先で歯茎を傷つけてしまう恐れもあります。なので爪楊枝はあくまでも大きな食べかすを取るだけの補助的なものと考えて下さい。やはり食後にはしっかりと歯を磨くことが口臭予防対策には大切です。また歯磨き方法のひとつに「つまようじ法」というものがあります。これは歯ブラシの毛先を爪楊枝のように歯と歯の間に入れて歯をみがく方法なのですが、歯周病や歯槽膿漏にも効果的で口臭予防効果も期待できます。


スポンサードリンク