口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

口臭がキツくならないコーヒーの飲み方とは。

コーヒーが好きな人は一日に何杯も飲みますよね。朝起きた時や仕事中、食後など節目節目で飲みたくなるものです。私も一日4~5杯は飲んでしまいます。そんなコーヒー好きな人は口臭に注意が必要です。コーヒーを飲んだ後はコーヒー豆の微粒子が舌に付着することや、口内のPHが下がり唾液の分泌量が減少すること等が原因で口臭がキツくなってしまいます。コーヒー好きの人と向き合って話をすると思わず鼻をつまみたくなる時もありますよね。もし自分もこんな臭いだと思うとゾッとしてしまいます。そこでコーヒーを飲むときに少しでも口臭がキツくならない飲み方を紹介したいと思います。

コーヒーを飲む時は必ず水と一緒に。

コーヒーが引き起こす口臭は先ほども紹介したように、舌に付着したコーヒー豆の微粒子によるところが大きいのです。そこでコーヒーを飲んだ後は必ず水を飲み舌についたコーヒー豆の微粒子を洗い流すようにしましょう。そうすることでコーヒーを飲んだ後の口臭はかなり軽減できると思います。できれば水を口に含んで舌と口の天井の部分をこするようにして舌をきれいにしてあげるとより効果的だと思います。

コーヒーを飲んだ後はガムを噛みましょう。

コーヒーが引き起こす口臭の原因として口内のPHが下がり唾液の分泌量が下がることも一つなので、ガムを食べて唾液の分泌を促してあげると良いでしょう。唾液の分泌量が下がることで、口内に細菌が繁殖しやすい環境になっているので唾液を多く分泌させることで細菌の繁殖を抑え口臭を予防することができます。またできればキシリトール配合のガムの方が効果的だそうです。コーヒーを飲んだ後は口内が酸性になりがちなのですが、キシリトールはそれを元に戻す働きをしてくれます。キシリトールが入ったガムはコンビニ等でも手軽に購入できますのでポケットに常備しておくと良いかもしれませんね。


スポンサードリンク