口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

朝食を食べないと口臭がきつくなる可能性が高くなります!

朝食

みなさんは毎日朝食を食べていますか?朝食は口臭対策にとても大切なポイントなんです。もし朝食を食べていない人で口臭が気になるという人はそれが原因かもしれません!

このページでは朝食を抜くことによって発生する口臭について紹介しています。朝食をしっかりと食べて口臭対策を行いましょう。

寝ている間に口内は細菌だらけになるので寝起きは口臭がキツくなります。

寝ている間は唾液の分泌量が減少する為、口の中が乾いた状態になります。

唾液には口内の細菌の繁殖を抑えて清潔に保つ働きがあるので、この口内が乾いた状態は口内の細菌にとってとっても住みやすく、たくさんの細菌が繁殖してしまいます。これが寝起きの口臭の原因になってしまいます。

朝食を食べて唾液を分泌させましょう。

寝起きの口臭を消すにはまずは歯磨きが効果的です。歯を磨くことで口内で繁殖した細菌を掃除することができるからです。

しかしそれだけでは朝の口臭対策は万全ではありません。唾液は口内を清潔に保つ働きがありますが、この唾液を分泌する細胞が朝はまだ十分に働いていません。そこで朝食を食べることで、唾液を分泌する細胞を目覚めさせることができます。

しっかりとよく噛んで朝食を食べることで、唾液の分泌を効果的に促すことができます。

朝食を食べないと空腹時にはさらに口臭がキツくなります

朝食を食べないと午前中の早い時間からお腹が減ってくると思います。空腹時も唾液の分泌量が減少するので口臭がきつくなってしまいます。

寝起きに唾液の分泌量が減少したままなので、昼食前の空腹時にはさらに口臭がキツくなってしまうということになります。

このように朝食には唾液の分泌を促して口臭を予防する効果があるので、朝食を食べない習慣がついてしまっている人は5分〜10分早起きして、朝食をきちんと食べるようにしましょう。

寝起きの口臭をより効果的に対策するためには

歯磨き粉

先ほども紹介したように寝起きは唾液が減少しているので口臭が大変キツくなってしまいます。

この寝起きの口臭を抑えるには朝食を食べること以外に「歯磨き」も重要なポイントとなります。

しっかりと時間をかけて寝ている間に増殖した口内の細菌を磨き落とすことが大切です。その為には歯磨き粉も口臭予防に効果的なものを使用することでさらにしっかりと朝の口臭を抑えることができます。

当サイトでは口臭予防に効果が高い歯磨き粉を口臭予防におすすめの歯磨き粉ベスト3!で紹介しています。

実際に20種類以上の歯磨き粉を使用して比較していますので、口臭予防に効果的な歯磨き粉を選ぶ際は参考にしてみて下さい。