口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

虫歯は赤ちゃんにうつるの?

赤ちゃんがいる家庭で赤ちゃんの虫歯に気を使っている親もたくさんいらっしゃると思いますが、虫歯はどのようにして子供にうつるのでしょうか?

また虫歯は口臭の原因にもなり、小学生くらいになると口臭が原因でいじめにつながる可能性もあります。その為には赤ちゃんのころから虫歯対策をすることが大切です。

虫歯は遺伝しません

親がたくさん虫歯があるからといってその子も虫歯がたくさんあることはありません。どんな赤ちゃんでもはじめから口内に虫歯菌が住み着いているわけではありません。1歳前後くらいから歯が生え始めてその頃から少しづつ歯に虫歯菌が付着するようになってしまいます。

虫歯菌が付着する原因とは?

虫歯菌は周りの人間(特に親や家族)から感染してしまいます。食事の際に同じスプーンや箸を使ったり赤ちゃんにキスをしたり顔を近づけたりすることなどから虫歯菌は赤ちゃんの口内に感染してしまいます。

しかし虫歯を全く感染させずに育てていくのはかなり難しいことで、どうしても少しづつは虫歯菌に感染してしまいます。ただし食べ物の口移しは大量の虫歯菌が赤ちゃんの口に入ってしまうので、これはできるだけ控えた方が良いでしょう。

赤ちゃんの虫歯を予防する為の3ポイント

お母さんにご飯を食べさせてもらっている赤ちゃん

1.砂糖があまり入ってないものを食べさせてあげましょう。

1歳半くらいになってくるとお菓子やジュースを飲みたがる子供も多いと思います。お菓子やジュースには砂糖が入っているので虫歯になりやすくなります。できるだけ虫歯になりやすい食べ物は控えるようにしましょう。

2.仕上げの歯磨きは必ず親がしましょう。

1歳半くらいになってくると自分で歯を磨きたがる子供も増えてきます。そして親が磨こうとすると泣き叫んで嫌がる子供も多いのではないのでしょうか。でも泣くからといって歯磨きを子供まかせにしているとしっかりと歯を磨けていないので虫歯の原因になります。最後は必ず親が仕上げの歯磨きをしてあげることが大切です。

3.フッ素を塗ってあげましょう。

フッ素は歯の表面のエナメル質と結びついて歯を丈夫にすることで虫歯になりにくくなります。子供用の歯磨き粉でもフッ素が入っているものもあるのでそれらを使って歯を磨いてあげることで虫歯になりにくくなります。

フッ素と虫歯については「フッ素は口臭・虫歯予防に大変効果があります!」の記事で詳しく紹介しています。

親の口内環境も大切ですよ。

いくら子供の歯をきれいにしても親の口内にいっぱい虫歯菌がいたらたくさん子供に移してしまいます。特に小さい子供がいる家族のみなさんは食後の歯磨きや歯間ブラシなどで口内ケアをしっかり行い子供にできるだけ虫歯菌を移さないようにしましょう。


スポンサードリンク