口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

イソジン(うがい薬)は口臭を除去する効果もあります!

冬になると風邪やインフルエンザの予防の為に毎日イソジンでうがいをする人も多いと思います。ドラッグストアやコンビニなど、どこでも簡単に購入できるうがい薬ですね。

あまり知られてないと思いますが、実はイソジンには口臭を除去する効果もあります。イソジンの効能・効果の項目にも「口臭の除去」としっかり明記されています。

イソジンは独特の味がするので苦手な人も多いかもしれませんが、あの味も口臭予防の為と思えばよく効くような気がしませんか?今回はそんなイソジンと口臭の除去効果について紹介したいと思います。

口内が原因の口臭とは

口臭の大きな原因の1つに口内の細菌が起因しています。口内の細菌は食べかすや剥がれ落ちた粘膜細胞を分解して繁殖しています。そしてこれらを分解する際に悪臭ガスを発生させます。

  • メチルカプタン
  • 硫化水素
  • ジメチルサルファイド

これらの悪臭ガスが口臭の原因になります。

イソジンの口臭除去効果

イソジンには優れた殺菌・消毒効果があり、うがいをすることで口臭を発生させる原因の口内の細菌を消滅させることができます。細菌が減ることで口臭の原因になる悪臭ガスも減少するので口臭を除去することができます。

イソジンの優れた殺菌効果

イソジンにはポビドンヨードという非常に優れた殺菌・消毒効果のある成分が含まれています。ポビドンヨードは殺菌力はもちろんですが、即効性も高いのが特徴です。またうがい薬だけでなく、手指の消毒や傷口の殺菌などにも使用されています。

さらに人体や環境にも優しい成分なので医療現場や学校などでも広く使われています。

正しいイソジンでのうがいの仕方

イソジンは正しいうがい方法をすることで、より口臭除去、風邪の予防にも効果があると思いますので紹介します。
約60mLを3回に分けて行います。(うすめ方は説明書を参照して下さい。)

  1. まず1回目は食べかすや、口の中の有機物を取る目的で口に含んで比較的強くうがいをする。
  2. 続いて2回目は上を向いて、のどの奥までうがい液がとどくように15秒間程度うがいをする。
  3. 最後3回目に2回目と同様、うがい液が口の中からのどに十分にとどくように15秒程度うがいをする。

以上です。うがい薬はあの独特な味から苦手な人も多くうがいの後水でゆすぎたくなると思います、正しい用法、用量でうがいをしていれば殺菌・消毒効果が期待できるので、水でゆすいだとしてもその効果には影響はないとされています。

イソジンで口臭除去する時の注意点

イソジンには口臭除去効果がありますが、気をつけた方が良い点もあります。

イソジンの使い過ぎ

イソジンにはエタノールがふくまれていて、頻繁に使用していると口内の乾燥の原因になります。口内が乾燥するということは唾液の分泌量が減少するということで、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。ただし普通に1日数回使用する程度では問題ありませんので気にする必要はないでしょう。

イソジンによる歯の着色

イソジンを毎日使用していると歯の着色汚れが付きやすくなります。歯の着色汚れがひどいと見た目の印象があまりよくありませんよね。イソジンで口臭除去した後は水で口の中をすすぐと良いでしょう。

またホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用したり、歯科で定期的に歯をクリーニングしてもらうことで着色汚れを落とすことができます。

イソジンを買うなら楽天がお得です!

私は口臭予防のことも考えて年中イソジンを使用しているので楽天でまとめ買いしています。近所のドラックストアよりも安く買えるし、まとめ買いをしたら送料も無料なのでおすすめですよ。


スポンサードリンク