口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

口臭予防対策は正しい歯ブラシ選びから!

最近ドラッグストアなどに行くと色んな種類の歯ブラシが売ってますよね。ヘッドの大小、ブラシの硬い柔らかいなど、どれを選んだらよいのかわかりません。人はそれぞれ歯のみがき方や歯並びが違うので自分に合った歯ブラシも当然人それぞれ違ってきます。いったい自分に合った歯ブラシはどのようにして選べば良いのでしょうか?

歯ブラシ選びのポイント

歯ブラシを選ぶ時の大きなポイントとしては

  • ヘッドの形状
  • ブラシの硬さ

この2点だと思います。

・ヘッドの形状
まずヘッドの形状ですが、大きめよりも小さめが良いでしょう。大きめだと歯と歯茎の境目の細かい所が届きにくくなります。一般的には横に3列の毛が並んでいるものが丁度良いサイズとされています。4列以上になるとちょっと大きすぎるかもしれません。また縦方向は人差し指の第一関節くらいまでのサイズが良いでしょう。

・ブラシの硬さ
次にブラシの硬さを選ぶポイントです。ブラシは硬いほど歯垢を落とす力が強くなります。しかし硬めのブラシで力強く磨くと歯が磨り減ってしまいます。なので一般的にはふつうを選ぶと良いでしょう。硬いブラシを選ぶ必要のある方は、あまり力が入らない年をとられた方や小さい子供などです。また柔らかいブラシを選ぶ必要のある方は歯肉炎歯周病などで歯を磨くと歯茎からの出血がひどい人などです。そんな方は柔らかめのブラシで歯茎を引き締めて出血がおさまってきたら普通の硬さの歯ブラシに変えると良いでしょう。

またブラシの素材に動物の毛を使用したようなものもありますがこれは毛に口内の細菌が付着しやすかったり乾きにくいといったこともあるのでおすすめではありません。通常よく売っている透明のナイロン製のものが良いでしょう。

歯ブラシの交換時期

歯ブラシの交換時期はだいたい月に1度は交換して下さい。何度も使用しているとブラシの弾力が低下して歯垢を取り除く力が低下してきます。弾力が低下してくるとブラシは広がってくるので、ブラシを歯ブラシの背面から見て、見えるようになってくると交換する方が良いでしょう。また歯ブラシは毛が密に生えているので歯磨き後水で洗っても細菌が完全にとれません。その為にも1ヶ月に1度は歯ブラシを交換すると良いでしょう。

その他のポイント

またその他のポイントとしては、歯ブラシのネック部分は力が入りやすいようにあまり細くないものが良いでしょう。また歯ブラシの毛先がギザギザになっているものも売られていますが、毛先はフラットの方がしっかりと磨けるそうです。

歯ブラシを自分に合ったものを選び正しく磨くことで食べかすや歯垢をしっかりと取り除き健康な歯とさわやかな口臭を目指してください。


スポンサードリンク