口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

デンタルフロスは口臭対策の必需品です!

デンタルフロスは歯と歯の間を掃除するための細い糸です。口臭で悩んでいる人は特に歯磨きだけでなくデンタルフロスも使用した方が絶対に良いんです!

デンタルフロスの効果

デンタルフロスには口内ケアにとって多くのメリットがあります。

口臭予防効果

歯と歯の間は1番食べカスや歯垢、歯石がつまりやすい箇所です。食べカスや歯垢は口臭の大きな原因になるので、それらがたまりやすい箇所を重点的に掃除できるということは当然口臭予防にも高い効果があります。

口臭で悩んでいる人は是非歯ブラシとデンタルフロスを併用してみて下さい。

歯垢除去率を格段にアップできる

歯ブラシだけだと約60%程度しか歯垢を除去できていません。これにデンタルフロスも使用することで、約80%まで歯垢除去率をアップさせることができます。

いかに歯ブラシだけでは汚れをとることができていないかわかりますね。

歯周病のチェックになる

デンタルフロスを使用していると健康な歯茎の人は出血しません。ところが歯周病の人は歯茎に炎症がおこっているので、たくさんの血がでてしまいます。

デンタルフロスを使用していて出血がひどい場合は一度歯医者さんに診てもらうようにしましょう。

虫歯のチェックになる

虫歯にデンタルフロスを使用していると、歯のザラザラ感やフロスの引っ掛かりなどが感じられるので、虫歯の早期発見になります。

また銀歯や詰物にひっかかるようであれば、うまく歯に被さっていない可能性もあるので歯医者さんに診てもらいましょう。

デンタルフロスの使い方

デンタルフロスは40センチくらいで切って輪っかにします。そして1〜2センチくらいをピンっと張って歯の隙間にゆっくりと入れていきます。そして歯の側面を擦るようにしてゆっくりと上に抜いていきます。同じように逆側の側面も擦るようにして歯の隙間を掃除していきます。

もしフロスが抜けないような場合は無理やり抜くのではなく輪っかの状態から1本の状態にして抜いてあげるようにしましょう。でないと歯が傷ついてしまい可能性があります。

デンタルフロスと歯間ブラシはどう違うの?

歯の間を掃除するという効果ではデンタルフロスも歯間ブラシも同じですね。ではどのように使い分ければ良いのでしょうか?

基本的に年齢が若いうちはデンタルフロスを使用するのが良いそうです。

なぜなら通常歯の隙間は歯間ブラシが入るほどの隙間が無いことが多いからです。隙間がない所に無理やり歯間ブラシを入れると歯茎を傷つけてしまいます。

では歯間ブラシはどのような場合に使用すればよいかというと、歳をとって歯と歯の間の隙間が大きくなってきた場合です。歯と歯の隙間だけでなく歯と歯茎の隙間も大きくなり、歯周病になりやすくなるので歯間ブラシで掃除すると効果的なんです。

デンタルフロスはドラッグストアなどで安いものでは300円、400円くらいで購入できますので、是非継続して歯磨きの後に使用するようにしましょう。


スポンサードリンク