口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

電動歯ブラシは口臭予防対策に効果があるの?

最近テレビのCMや電気屋さんなどで電動歯ブラシをよく見るようになりましたね。私もソニックケアの音波ハブラシを使用しています。音波ハブラシは少しこそばくなるくらいの速さで振動して歯を磨いてくれますが、歯磨き後には通常の歯ブラシよりも歯がツルツルになっているのが実感できます。

そんな電動歯ブラシは通常の歯ブラシと比べてどういった点が優れているのでしょうか?また欠点はあるのでしょうか?そして口臭予防に効果は効果があるのでしょうか?

電動歯ブラシの種類と特徴

電動歯ブラシはさまざまな国内・海外メーカーから発売されていますが、大きく3種類に分けることができます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

(1)電動歯ブラシ
ここで言う電動歯ブラシとは3種類に分けた中での1種類をさす意味で使います。電動歯ブラシは振動数が約5000回/分くらいでブラシ部が振動したり回転したりすることにより、歯垢を落とす効果がある歯ブラシです。価格は比較的安いものから1万円を越えるものまで幅広くありますが、あまり安いものだと振動数も少なく手動で磨くのとあまり変わらないようなものになってしまいます。

(2)音波歯ブラシ
音波歯ブラシは(1)の電動歯ブラシよりも振動数が多く、約30000回/分も振動するため、磨きたい部分にブラシを当てるだけで歯垢を除去する効果があります。また価格は電動歯ブラシに比べて高くなり、安くても10,000円くらいからになってしまいます。音波歯ブラシは高速で振動する為使い始めてしばらくはくすぐったくて、慣れるまで少し時間がかかる人もいるようです。

(3)超音波歯ブラシ
超音波歯ブラシはヘッド部分に超音波を発生させる装置が内臓されいて、この超音波振動で音波歯ブラシでは落とすことのできなかった歯のプラークの細菌をも除去できるそうです。超音波歯ブラシは、振動数が160~200万Hzとなっていて振動しないため通常の歯ブラシと同じように歯ブラシを手で動かして磨く必要があります。また価格も音波歯ブラシよりも高くなっており、14000円~18000円程度します。

電動歯ブラシの良い点と悪い点

通常の手動での歯ブラシで汚れをキレイに落とすためには7~10分くらい磨く必要があります。しかし日本人の平均の歯磨きにかける時間は3分以内と言われています。これでは口内の汚れや歯垢は十分には除去できていません。電動歯ブラシは手動での歯磨きよりも非常に多い振動数で磨くことができる為非常に効率的です。最近の電動歯ブラシでは約2分程度で電源がオフになるものもあります。

そんな電動歯ブラシの欠点として歯と歯の間や歯と歯茎の間の歯垢を除去するのが苦手なので、別途歯間ブラシやデンタルフロスなどで掃除する必要があります。その他にも電動歯ブラシは価格が高いという欠点もあります。本体の値段と交換用のブラシの価格が定期的に500円~1000円程度かかってきますので、通常の歯ブラシよりもかなりコストがかかってしまいます。

電動歯ブラシと口臭予防対策

電動歯ブラシは通常の歯ブラシよりも歯垢を除去する効果が高い為、口臭予防に効果があるといえるでしょう。しかし、歯と歯の間や歯と歯茎の間は歯垢が残りがちになるため1日に1度は歯間ブラシやデンタルフロスで掃除することでより口臭対策には効果があると言えます。

また歯茎をマッサージする効果で音波歯ブラシを使うことで、歯茎を引き締める効果もあり、歯周病予防に効果が期待できます。また歯周病がより進行してしまっている方には超音波歯ブラシがオススメで骨や歯肉の細胞を活性化させて歯周病の治りを促進する効果が期待できます。歯周病は口臭の大きな原因の一つなので、歯周病改善や歯周病対策になる電動歯ブラシは口臭予防対策にさらなる効果があると言えます。


スポンサードリンク