口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

やわらかい食べ物は口臭の原因!?

口臭の原因となる食べ物はコーヒーニンニク・納豆など色々ありますが、柔らかい食べ物は全般的に口臭の原因となる可能性があります。それではなぜ柔らかい食べ物は口臭の原因になりやすいのでしょうか?

柔らかい食べ物とは?

ハンバーガー

現代人は昔の人に比べて硬い物をあまり食べなくなった為、骨格が細くなったと言われています。現代人が食べている柔らかい食べ物とはどのようなものなのでしょうか?
30~40代から若者にかけては小さい頃からハンバーガー等のファーストフードやスナック菓子に慣れ親しんでいたり、また昔よりも肉や魚なども柔らかいものが良しとされて柔らかい肉や魚を食べる機会が増えています。

柔らかい食べ物の口臭の原因とは?

ではなぜ柔らかい食べ物が口臭の原因となるのでしょうか?
まず柔らかい食べ物は噛む回数が少ないので唾液の分泌量が少なくなってしまいます。また、舌苔もつきやすいので余計に口内に細菌が繁殖してしまいます。さらに柔らかいものばかり食べていると顎の骨格の発達も悪くなり、歯並びも悪くなります。これにより歯磨きでの磨き残しが多くなり、口臭の原因となってしまいます。

柔らかい食べ物と口臭対策

柔らかい食べ物を大食いする男性

このように現代では柔らかい物を食べる機会が昔に比べて格段に多くなっていることから、より口臭に気をつけなくてはなりません。その為にはよく噛んで食事をすることが重要になってきます。一口に30回以上噛んでから飲みこむことによって顎の発達に繋がり、唾液の分泌も促されるので口臭対策になります。また硬い物を食べることで、虫歯や歯周病の対策にもなるようなので、意識的に硬い食べ物も摂取するようこころがけて下さい。


スポンサードリンク