口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

タバコの口臭は強烈です!臭いを消す方法は?

タバコを吸っている人の口臭って独特の強烈な臭いですぐわかりますよね。でもタバコを吸っている本人は意外と自分の口臭に気づいてないケースが多いのです。今このページを見ている人はタバコを吸っている本人でしたら自分の口臭に気づいた方でしょう。タバコと口臭の原因と対策方法について紹介していきたいと思います。

タバコと口臭の原因

タバコを持っている手

口臭の原因となる要素はいくつかあります。まず1つ目はタバコに含まれるタールです。このタールが歯や舌の表面に付着してヤニ臭さを発しています。

そして2つ目がニコチンです。ニコチンは体の血流を悪くする効果があります。そしてそれは口の中の血流も悪くし、唾液の分泌量も抑えられてしまいます。唾液は口の中の細菌の繁殖を抑え口内を清潔に保つ役割がありますので、唾液が少なくなると口の中で細菌が繁殖してしまい、口臭の原因となってしまいます。

そして最後3つ目に歯周病です。歯周病は歯と歯肉の境目に付いた歯垢の中の歯周病菌によって歯肉が炎症を起こし、さらに進行すると歯を支えている骨が破壊されて歯が抜け落ちてしまう病気です。この歯周病はタバコを吸う人は吸わない人に比べて約3倍もかかりやすいと言われております。その主な原因としては歯周病菌を倒してくれる白血球の機能が低下してしまうことや、ニコチンにより血管が収縮して歯肉に酸素や栄養が送られにくくなってしまうことなどがあります。

このようにタバコにはさまざまな口臭の原因となる要素が含まれています。

タバコを吸う人の口臭対策

禁煙マーク

歯磨きをこまめにすることや、歯周病予防効果のある歯磨き粉を使ってみるなど口の中を清潔にすることが大切です。しかし、ヘビースモーカーになればなるほど口の中にタールが溜まってどんどん酷い口臭になってしまいます。やはりタバコをやめることが何よりの対策方法ですが、なかなか簡単にやめられるものではありませんよね。タバコの口臭は吸わない人からしてみるとかなり不快な臭いなのは間違いありません。だからその事を自覚することで、少しでもタバコの本数を減らすことができるようチャレンジしてみて下さい。

私も以前は1日に2箱くらいタバコを吸っていましたが、薬局で売られているニコチンパッチで止めることができました。初めて使用した時は驚いたのですが、パッチを付けると本当にタバコを吸わなくても大丈夫になりました。いつも吸っている時間やタイミングになっても全然余裕で我慢ができるようになり、2週間後にはニコチンパッチ無しでもタバコを止めることができました。もし禁煙したい方は一度試してみてはいかがでしょうか?おすすめです。


スポンサードリンク