口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

歯茎の腫れは口臭の原因!?健康なピンク色の歯茎を手に入れる方法とは?

健康でピンク色の歯茎

歯茎の腫れは放っておくと口臭の原因になるだけでなく、歯が抜け落ちてしまうかもしれませんよ?

私も歯茎が腫れてブヨブヨになって、歯磨きの時に血が出たり、歯茎が痛くなったりすることがありました。
いつもは特に気にせず放っていたのですが、ある時、歯茎の腫れと痛みがしばらく治まりませんでした。
しかも家族からは口臭がきつくなっていると言われてしまいました。

そこで、歯科で診察してもらうことに・・・

歯茎の腫れは歯周病菌が原因でした。

口の中の歯垢や歯石等にはたくさんの歯周病菌が生息しています。この歯周病菌が歯茎に付着することで腫れを引き起こしまうそうです。
しかもそれを放置していると、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができてしまいます。この隙間に歯垢や歯石、食べかすなどが溜まりやすくなり、さらに歯周病菌の温床となってしまいます。

歯茎の腫れは口臭もきつくさせてしまいます。

口臭の大きな原因の1つに歯周病菌があります。口内の食べかすや剥がれ落ちた粘膜を歯周病菌が分解する際に、口臭の元となる悪臭ガスを発生させます。
歯茎が腫れているということは歯周病菌が歯茎に付着しているということで、しかも歯周ポケットが出来ているならさらに歯周病菌が口内で繁殖しているということです。こうなると口臭がきつくなっている可能性がかなり高くなっています。

歯茎の腫れは日々の歯磨きから改善しましょう。

まず大切なのは歯茎が腫れているからといって腫れた部分を磨くのを止めるのではなく、適切な方法で磨くようにしましょう。そうすることで歯周病菌を除去して健康な歯茎を取り戻すことができます。

1.毛の柔らかい歯ブラシを使いましょう。
歯茎が腫れている時は毛の柔らかい歯ブラシで歯茎を傷つけないようにマッサージするように磨きましょう。
毛の固い歯ブラシは歯茎を傷つけてしまい、そこからさらに細菌が入ってしまいます。

2.歯茎の腫れが治まってきたら歯ブラシの毛のかたさを戻しましょう。
歯ブラシは毛が固い方が汚れを除去しやすくなっています。なので歯茎の腫れが治まってきたら毛のかたさを元に戻して歯垢や食べかすをしっかりと掃除しましょう。

※先程歯ブラシは固い方が汚れを除去しやすいと紹介しましたが、小さな子供や力の入りにくいお年寄りの方など以外は、通常「ふつう」を選ぶと良いでしょう。「かため」だと歯茎や歯を傷つけてしまう恐れがあります。

歯磨き粉は歯茎の腫れを抑える効果のあるものを選びましょう。

歯磨き粉には虫歯予防、歯周病予防、歯石予防、ホワイトニングなど、商品によって目的に見合った成分が配合されています。歯茎の腫れを治したい場合は、歯茎の腫れ・炎症を抑える効果があるものを選ぶと良いでしょう。

私が歯茎の腫れがひどい時に使用している歯磨き粉は「マスティック&アロマ」です。ネットの口コミで見つけたのですが、「マスティック&アロマ」は歯周病研究から産まれた歯磨き粉で、歯茎の腫れを抑えて口臭の改善に高い効果があるということで試してみることにしました。

「マスティック&アロマ」を使い始めて1週間ほどすると歯茎がキュッと引き締まってきているのが分かり、歯茎が健康になってきているのが実感できました。また、歯茎の腫れもほぼ無くなり、さらに口内のネバネバ感が無くなり口臭が改善されていることも家族からの証言でわかりました。歯茎の腫れと口臭で悩んでいる人にはおすすめの歯磨き粉です。


スポンサードリンク