口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

歯周病は口臭や歯茎からの出血がシグナルです!

歯周病菌と歯

よく歯みがき粉のCMなどで歯周病という名前を聞くと思いますが具体的にどのような病気で原因や症状について知ってますか?

歯周病は酷い口臭の原因になったり、歯を失う大きな原因になるとても怖い病気なんです。また日本人の約8割は口の中に歯周病菌が生息しており、既に歯周病にかかっているか予備軍だったりします。

このページでは歯周病について原因や治療法、そして口臭対策方法について紹介しています。もしかしたら自分は歯周病かも?と感じている人はチェックしてみて下さい。

歯周病ってどんな病気?

歯周病とは歯周病菌によって歯の周りの組織が破壊されていく病気です。最初は歯茎に炎症がおきて歯磨きの時に血が出る程度ですが進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)をも溶かして歯が抜け落ちてしまいます。

また歯周病が進行すればするほど口臭も大変キツくなってしまいます。

歯周病菌とは?

歯周病菌とは歯茎などの歯の周辺組織を破壊していく細菌のことで、歯垢(プラーク)や歯石の中に生息しています。

歯周病菌は食べかすや粘膜の細胞を分解する際に硫化水素やメチルメルカプタンなどの悪臭ガスを発するため口臭がキツくなってしまいます。歯垢は日々の歯磨きで除去できますが歯石は歯垢が石灰化したもので歯磨きで除去することができず、歯医者さんで取り除いてもらわなければなりません。

歯周病の自覚症状について

歯茎から血が出ているイラスト

歯周病は初期のころはほとんど自覚症状がありません。なのでかなり進行してから気づいたり、虫歯で歯科医院に行った時に歯周病と診断されるようなケースが多いようです。歯周病は進行してからでは手遅れになってしまう可能性もあるので下記のような症状が見られたら早めに歯科医院で診察することをおすすめします。

  1. 歯磨きの時に血が出るようになった。
  2. 口臭が以前よりもきつくなった。
    口臭は自分では気づきにくいので他人から指摘されたら要注意です。
  3. 歯茎が腫れている感じがする。
  4. 口の中がネバネバする。
    唾液の中に歯周病菌が多く含まれるとネバつきがあります。
  5. 歯茎がさがってきて歯が長くなった。

歯周病が進行すると口臭がキツくなる原因とは?

歯周病が進行してくると口臭もたいへんキツいものになってきます。

それは歯周病菌によって歯茎が炎症を起こして、歯と歯茎の間の隙間が大きくなってくるためより多くの歯垢(プラーク)や歯石が溜まってしまうからなんです。口臭は自分ではわからないことが多いので、もし周囲の人から口臭を指摘されるようなことがあったらまずは歯周病を疑ってみるとよいかもしれません。

歯周病は治療で治すことができるの?

歯医者さん

歯周病が進行してしまい骨が溶けてしまうと元に戻すことはできません。なので歯医者さんができる治療方としては歯周病の原因となる歯周病菌を取り除くことで、歯周病の進行を抑えることです。

歯石の表面には歯周病菌が付着していますが、歯石は自分の歯磨きでは取り除くことができないので歯医者さんで取り除いてもらう必要があります。歯医者さんで歯石を取り除くことをスケーリングと言いスケーラーという機器を用いて行います。歯周病の初期では歯茎の比較的表面の歯石を麻酔なしで取り除くのですが、中期や末期になると歯周ポケットの奥に溜まった歯石を取り除く必要がある為、麻酔をして作業することになり、治療期間も1年以上かかるようになるケースもあります。

歯周病は毎日の歯磨きと定期的な歯科検診がポイントです。毎日丁寧に歯間ブラシなども使用して歯垢をためないようにすることと、定期的に歯科医院で歯石をとってもらうことで、健康な歯と歯茎を手に入れて下さい。

歯周病が原因の口臭対策方法とは?

歯周病に効果的な歯磨き粉

歯周病の口臭を抑えるには歯垢や歯石を取り除いて歯周病菌を減らすことがポイントです。

その為には先ほども紹介したように毎日の歯磨きが重要なのですが、歯磨きでより効果的に口臭を抑えるには歯磨き粉選びもポイントです。

口臭予防効果の高い歯磨き粉の多くは、殺菌作用や歯茎の炎症を抑える作用など、歯周病にも良い成分が配合されています。このような歯磨き粉を使用することで口臭もしっかりと抑えることができます。

当サイトでは口臭予防に効果高かった歯磨き粉を紹介しています。

⇒口臭予防におすすめの歯磨き粉ベスト3!

実際に使用して効果を比較してみましたのでぜひ歯磨き粉選びの参考にしてみて下さい。


スポンサードリンク