口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

歯周ポケットが大きくなると口臭もキツくなる可能性が

歯周ポケットという言葉は歯ブラシや歯磨き粉等のCMでよく聞く言葉ではないでしょうか?でも具体的に歯周ポケットとは何かは知らない人も多いと思います。この歯周ポケットは歯周病の進行状況をはかる物差しにもなりますし、ポケットとと名のつくだけあって食べかすや歯垢などがたまりやすい箇所でもあるので口臭の原因にもなります。そんな歯周ポケットについて紹介したいと思います。

歯周ポケットと歯周病

まず歯周ポケットとは何かと言いますと、歯と歯茎の境目の溝のことです。歯の根元って一見歯茎でしっかり隙間なく固定されているように見えますが、実は小さい隙間があり、その隙間が歯の根元の周りを囲んでいます。それが歯周ポケットです。

歯医者さんで歯周病の診断をするときには必ず歯周ポケットを診ます。1~2㎜の隙間は正常で、3~4㎜くらいになると少し歯周病になりかけです。そして5~6㎜になるとこれはもう歯周病と言えるでしょう。そして7~8㎜になると歯を固定できなくなり歯がグラグラしてきます。このように歯周ポケットの大きさで歯周病の進行状況を診ます。

歯周ポケットと口臭

歯周ポケットが大きくなればなるほど食べかすや歯垢が溜まりやすいので口臭がきつくなる傾向があります。また歯周ポケットにたまった食べかすや歯垢から細菌が繁殖して、歯ブラシではとれない歯石もできてきます。そうなることでさらに歯茎の炎症を進め歯周ポケットが大きくなってしまうのです。

歯周ポケットの治療

歯周ポケットの汚れを歯ブラシだけで完全に取り除くことはできないので、歯医者に行って治療してもらいましょう。また治療中もしっかり歯磨きをしないとまた汚れが溜まってしまいますので歯科医院での治療と自分でしっかり歯磨きをすることが歯周ポケットを解消するのに大切なことです。歯周ポケット内の汚れや歯石が取れると歯茎が引き締まり、元の元気な歯茎にもどると思います。そして口臭も改善されると思います。


スポンサードリンク