口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

歯周病・歯槽膿漏は口臭の大きな原因のひとつです。

口臭の大きな原因のひとつに歯周病や歯槽膿漏があります。

年配になるほどこれらの病気になる可能性が高く30代後半より上の人は歯周病や歯槽膿漏の予備軍になっている可能性が高いんです。

このページでは歯周病と歯槽膿漏、そしてそれらが原因の口臭について紹介しています。気になる人は是非参考にしてみて下さい。

歯周病・歯槽膿漏とは

歯周病の治療をしている人

歯周病・歯槽膿漏とは何かと言いますと、歯肉炎歯周炎のことです。
そして歯周炎がさらに進行すると歯槽膿漏になってしまいます。
歯周病とは歯自体の病気ではなく、その周辺の歯肉、歯槽骨、歯根膜の病気を指します。

歯周病の原因と症状

歯周病の原因は歯垢、歯石などの細菌がたまってしまい、それが感染してしまうことや、喫煙、飲酒、糖尿病、生活習慣、女性ホルモンなどさまざまです。

歯周病の主な症状としては、以下のようなものがあります

  • 歯磨きの時に歯茎から出血する。
  • 歯肉が赤く腫れていて、引き締まらない。
  • 歯茎が腫れることがよくがある。
  • 歯茎から膿が出る。
  • 硬いものを噛むと痛い。
  • 食べ物が歯の間にはさまりやすくなった。
  • 根っこが露出して歯が長くなったように見える。
  • 前歯が前方に出てきて、出っ歯になった。
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする。
  • 歯がグラグラする。
  • 口臭があるとよく言われる。
  • 歯が浮いた感じになる。

歯周病からくる口臭への対策

歯医者さん

歯周病が原因の口臭はもちろん原因が歯周病なのでそれを治療することが第一です。歯周病の治療はまず歯医者へ行き歯の表面に付着した細菌の塊であるプラークや、歯石を取り除きます。また膿が出ている場合などは、経口の抗生物質製剤が短期間処方されることもあります。

歯周病はあまり自覚症状がないので気づいたときはかなり進行してしまっている場合もあるので上記のような症状が少しでもある方は早めに歯医者に行き歯周病の治療を受けると良いでしょう。
そしてもうひとつ大切なのは普段の適切な歯磨きです。歯医者で適切な歯磨きの指導をしてもらうのも大切だと思います。

また喫煙、飲酒、生活習慣なども歯周病の原因の1つになります。これらは「喫煙と口臭」「飲酒後の口臭」など直接口臭の原因にもなります。口臭が気になる人は歯周病の為だけでなく直接的な口臭を抑える為にも改善するようにしましょう。


スポンサードリンク