口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

歯石と歯垢の違いと口臭について

歯垢が細菌の住み家になっているイラスト

歯石と歯垢と聞くと歯に付く汚れのことだとみなさんすぐにわかると思いますが、この2つの違いについて聞かれるとはっきりと答えれる方はすくないと思います。この歯石と歯垢は細菌が繁殖するもととなり、口臭の原因にもなります。この2つの違いについて紹介したいと思います。

歯垢とは

歯を爪でこすると白いネバネバしたものがとれますよね。これが歯垢です。歯垢とは細菌の塊で歯垢1gの中に1億個以上の細菌入っています。これが歯周病や虫歯、そして口臭の原因になるのです。歯垢の状態では歯磨きで除去できるので日々の丁寧なブラッシングが大切です。

歯石とは

歯石は歯垢が硬くなったもので、食後などに歯に付着した歯垢が唾液のミネラルと結合して歯石になります。歯石は大変硬く、歯磨きではなかなかとれなくなってしまいます。また歯茎と歯の間の歯周ポケットなどにできてしまうと歯ブラシで除去するのはかなり困難になってしまいます。

歯垢が歯石になってしまうと、歯磨きでは除去できなくなり、それが原因で虫歯歯周病になってしまいます。歯周病が進行してしまうと、歯を抜かなければならなくなったり、歯茎から膿がでてひどい口臭になってしまいます。
日頃から食後の歯磨きなど口内ケアをしっかりすることで、歯垢と歯石がつかないよう気をつけて下さい。


スポンサードリンク