口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

ピロリ菌は口臭の原因です。そんな時の口臭対策とは?

ピロリ菌と口臭ってどんな関係があるの?

口臭の原因としてピロリ菌が上げられることがあるのですが、ピロリ菌ってどんな菌なのでしょう。名前はよく聞くのですが、いったいどのような細菌でどのような作用があるのかを知っている人は少ないと思います。そんなピロリ菌について探っていきたいと思います。

ピロリ菌と口臭

胃のイラスト

ピロリ菌は胃に住んでいる細菌です。胃には強い胃酸があるので細菌は繁殖できないと考えられていたのですが、ピロリ菌は胃で繁殖できます。ピロリ菌は40歳以上の日本人では約70%の人が保菌していると言われています。この菌が原因で病気が発症する確率はそこまで高くないのですが、一度炎症を起こすとさまざまな胃の重大の病気の原因となる大変怖い細菌なのです。そしてピロリ菌自体には臭いは無いのですが、ピロリ菌によって引き起こされた胃の病気により口臭が発生してしまうのです。

通常胃の臭いは口臭にはあまり関係ないと言われているのですが、ピロリ菌によって引き起こされる病気は大変重い病気もあるため口臭の原因となってしまうようです。

ピロリ菌が引き起こす病気

病気の胃

ピロリ菌が引き起こす病気として、胃炎や胃潰瘍、十日腸潰瘍、さらには癌などと言われています。また胃にピロリ菌を殺そうとしてより胃酸を分泌するようになり、胃炎や胃潰瘍の症状が悪化してしまうのです。

ピロリ菌が原因の口臭への対策

ピロリ菌が原因の口臭の場合、口臭以外にも胃の調子が悪かったり他の症状があると思います。まずは医者に行き検査してもらって下さい。もし保菌しているということになると、除菌治療をしなければいけません。

その他にも食べものでピロリ菌の減少に効果的なものもあります。有名なのはヨーグルトのLG21です。乳酸菌のLG21はピロリ菌を減らす効果があると認められています。

また下記のような食材もピロリ菌の減少に効果があります。

これらの食品を日々の食事にとりいれて少しづつピロリ菌を減らしていくと良いでしょう。

ピロリ菌と口臭の関係についてはまだ分からない部分もあるようなので、新しい情報があれば紹介したいと思います。


スポンサードリンク