口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

痰(たん)がよく絡む人は口が臭い?痰(たん)と口臭の関係とは?

年をとった男性などでよく痰(たん)が絡んで「カーッ、ペッ!」と吐き出している人を見ると思います。痰は喉の奥で作られる粘膜の一種で、体の外から入ってきた有害な物質を絡めとって体の外へ排出する働きがあります。そんな痰は口臭と関係があるのでしょうか?

痰(たん)が発生するメカニズム

痰は風邪をひいて体調不良の人や高齢の人だけに発生すると思っている人もいるかもしれませんが、実は健康な体の人も痰は作られています。

人は鼻や口で呼吸をする際に大気から細菌や埃も一緒に体の中へ吸い込んでいます。そして鼻毛や唾液などによって細菌や埃が体内に入るのを防いでいるのですが、それでも防ぎきれなかった細菌や埃は喉の奥の方へ侵入してきます。これを痰が絡めとっています。

なので痰は体調が悪い人は特に多く作られていますが、健康な人でも痰は発生しており、無意識の内に唾と一緒に飲み込んでしまっています。

痰(たん)と口臭の関係とは

痰が直接臭い口臭の原因にはなりません。しかし痰がたくさん作られるということは、口内にもたくさん細菌が繁殖しているということになります。

唾液には口内の細菌の繁殖を抑える働きがありますが、それだけでは抑えることができない状況ということなので、当然口臭もきつくなってしまいます。

痰(たん)がよく絡む時の口臭対策とは

痰がよく絡む時は口内の細菌の量が多くなっていることが考えられるので口臭もきつくなっている可能性が高いです。そんな時は唾液の分泌を促して、口内の細菌の量を抑えることが口臭対策につながります。

食べ物をよく噛んで食事をしたり、たくさん水分補給をしたり、唾液の分泌が促されるような対策をすると口臭を抑えることができるでしょう。


スポンサードリンク