口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

膿栓は口臭の原因になるの?

喉の不快感

みなさんは膿栓というものをご存知ですか?もしかしたら知らない方もいると思うのですが、たまに喉の奥から白い固まりがポロっと出てきて、それを潰すと強烈な臭いがします。これが膿栓です。そんな強烈な臭いがする物質が口の中にあるということは口臭の原因になりそうですよね。そんな膿栓と口臭の関係について紹介したいと思います。

膿栓ができる仕組み

膿栓は扁桃腺にたまるもので、扁桃腺の表面には凹みがあり、その凹みに溜まっていきます。その凹みは口の中から体内へ侵入しようとするウィルスを捕まえて殺す役割があり、そのウィルスや雑菌の死骸が貯まっていきます。さらには食べかすなども入り込んだりすることで膿栓が作られていきます。なので膿栓ができたからと言って病気でもなんでもなく、人間は皆膿栓ができる仕組みをもっているのです。その人の体質や扁桃腺の形によって膿栓ができる量には個人差があります。私の友人にも膿栓がたくさんできる体質の人がおり、学生時代によく膿栓を取って臭いを嗅いで騒いでました・・・

膿栓と口臭の関係

膿栓は時に強烈な臭いを発することがあるので、口臭の原因になる可能性はあります。しかし通常口臭は歯周病食べかす、細菌などが原因と考えられているので、膿栓が口臭の原因となるケースはあまりないようです。ただあの下水道のような強烈な臭いを嗅いでしまうと、口臭に影響があるかもと不安になってしまいますよね。

膿栓のケア方法

膿栓は体に害を及ぼすものではないので病院に行っても基本的には除去してくれないようです。また自分で取ることは絶対にしてはいけません。扁桃腺を傷つけてしまい、炎症を起こす可能性があるからです。どうしても気になる方は耳鼻咽喉科で「膿栓吸引」もしくは「腺窩洗浄」を行ってもらいましょう。自分で行える膿栓のケア方法としてはうがいをよくすることです。これによって喉の細菌を洗い流すことができます。耳鼻咽喉科の指導では1日3回うがいをすることを勧めています。


スポンサードリンク