口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

寝起きの口臭は予防できる!?効果的な対策方法とは?

寝起きの口臭って誰もが気になるものですよね?寝起き後すぐに恋人と話する時に臭いと思われてないかな?なんて不安になることもあると思います。これは何とかならないのでしょうか?寝起きと口臭の関係と対策方法について探っていきたいと思います。気になる人は参考にしてみて下さい。

寝起きの口臭は予防できないの?

寝室

「寝起きの口臭」これはどんな人でも発生してしまう生理的な口臭なのです。だからどんなに美人な女性や男前の男性でも寝起きは口が臭いものなのです。

とは言っても例えば旅行などに行って朝歯を磨く前に友人や恋人と会話をする場合もありますよね。そんな時に寝起きは生理的口臭だからと言って開き直って強烈な臭いを発するのは嫌ですよね。

ではなぜ寝起きは口臭がきつくなってしまうのでしょうか?それは、寝ている間は唾液の分泌量が減少しているからです。唾液には口内の細菌の繁殖を抑え口臭を防ぐ役割があります。その唾液が少なくなっている為に寝ている間は口の中が乾き、そして細菌が繁殖して口臭がきつくなってしまいます。睡眠後約3時間後から細菌は繁殖しはじめます、そして8時間後には大量に細菌が繁殖してしまいます。それが寝起きの口臭の原因なのです。

寝起きの口臭を予防する方法とは?

やはり寝起きの口臭は生理的なものなので完全に無くすことは難しいと思いますが、少しでも臭わないようにするにはやはり寝る前の歯磨きです。寝る前にしっかりと歯の隅々まで磨き、そして舌の表面の汚れも撫でるようにブラッシングして落として下さい。舌苔は口臭の原因になります。さらに歯ブラシだけでなく歯間ブラシデンタルフロスで歯の隙間に入り込んだ汚れも取り除くことで、寝る前の口内の細菌をできるだけ減らしておきましょう。

他にも寝る前に緑茶で口の中をしめらすことです。緑茶には殺菌作用があるカテキンが豊富に含まれているので細菌が繁殖するのを抑えることができます。

ただしこれらの対策方法を行ったからといって寝起きの口臭を完全に無くすことはできません。寝起きの口臭については生理的口臭なのでそこまで深刻に考えずに、起きたらなるべく早めに歯を磨くようにしましょう。

朝食は口臭対策の大切なポイント

和食の朝食

朝食を食べることは寝起きの口臭対策に大切なポイントになります。寝ている間は唾液を分泌する細胞も眠っているので、朝食を食べることで細胞が目覚めて通常通り唾液を分泌することができます。朝食を食べないとそれらの細胞が眠ったままになってしまうので歯を磨いても再び口臭がきつくなりやすくなります。是非朝食は健康の為にも口臭の為にも必ず食べるようにしましょう。


スポンサードリンク