口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

口内炎は口臭の原因にもなります!効果的な対策方法とは?

みなさんは口内炎と口臭と聞いても一見あまり関係がないように感じる人も多いのではないでしょうか?しかし口内炎と口臭は関係がないようで関係があるんです。口内炎がなかなか治らない、しかも口臭が気になるという人は是非当記事をチェックしてみて下さい。

口内炎と口臭の関係について。

口内炎とは口内の粘膜が炎症をおこしてしまう症状のことを言います。そしてその原因は口の中に細菌が繁殖して起こるものや、歯磨き不足による汚れが原因で起こるもの、また、体調不良から起こるもの等さまざまなものがあります。そしてその口内炎の原因は口臭の原因となるものとほとんど同じであることが言えます。口の中を清潔に保っていないと口内炎もできやすいし、口臭も発生しやすくなりますし、体調不良なども口内炎の原因にも口臭の原因にもなります。

口内炎と口臭の予防法

歯周病の治療

では次に口内炎をどのように予防すれば良いのか?またそれにより口臭も抑えることができるのか?というポイントを見ていきたいと思います。

口内炎の予防法

  1. 口内を清潔に保つことです。
    食後の歯磨きはもちろん、口の中がドライマウスにならないよう水分をよくとるようにしましょう。
  2. ストレスや睡眠不足に気をつけましょう。疲れたと感じる時はゆっくり休み免疫力を高めましょう。ストレスが原因の口臭睡眠不足が原因の口臭についてはこちら。
  3. ビタミンを積極的に摂取する。
    ビタミンは粘膜の抵抗力を高めてくれる働きがあります。
    特にビタミンB2、B6、B12、ビタミンCなどが口内炎に効果があると言われてるので、通常の食事だけで摂取できない場合はサプリメントなどで補いましょう。
  4. 喫煙と過度なアルコール摂取を控えましょう。また喫煙による口臭飲酒による口臭もかなり強烈です。さらに喫煙と過度なアルコール摂取は抵抗力を弱めるので控えるほうがよいでしょう。

このように口内炎の予防法は口臭予防と共通する項目がたくさんあり、口臭がある人は口内炎になり易いとも言われております。口内炎ができてしまったら口臭発生のシグナルかもしれないので日頃から注意しておくことが大切ですね。


スポンサードリンク