口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

40歳を過ぎたら加齢による口臭に注意!おすすめの口臭対策方法とは?

会社の上司など年配の方の口臭が気になることってありませんか?真剣な話をしているのに口臭が気になってまともに顔を合わせて話ができないこともあると思います。なぜ年をとると口臭がきつくなるのでしょうか?

加齢と口臭の関係

加齢で老眼になってきた男性

年齢を重ねると加齢臭が発生してきます。さらには口臭も年齢とともにきつくなっていく傾向にあります。それは口臭を発生させる要因が増えてくるからです。年とともに口臭を発生させる要因はいくつかあります

  1. 唾液の分泌量の減少による口臭
    これは年とともに唾液の分泌量が減少することで口内で細菌が繁殖しやすくなります。これにより口臭が発生しやすくなってしまいます。70歳以上では20代の4割程度しか分泌されなくなるそうです。
  2. 肝機能の低下による口臭
    肝臓の機能は40歳くらいから衰えてくると言われています。肝臓の機能が低下してくると、で吸収され肝臓に運び込まれた悪臭成分を正常に分解できなくなり悪臭成分が体内に残ってしまいます。そしてその悪臭成分が血液にのって体全体をめぐり、肺にまで運ばれてきます。それが口臭として口から排出されてしまいます。
  3. 入れ歯が原因の口臭
    入れ歯は白い歯の部分だけでなく入れ歯を装着するために付いているバネの部分にも歯垢が付きやすくなっています。さらに歯茎のようなピンク色の部分は口内で違和感なく装着できるようによく吸水する素材で作られています。ですのでこの部分には唾液と一緒に細菌が染み込んで口臭の原因になりやすくなってしまいます。

加齢による口臭の対策方法

宴会での乾杯

これらの口臭の原因は加齢により体の機能が衰えることにより発生してしまっております。なのでこれらの原因を取り除くことは難しいので、これらの体の機能をサポートしてあげることで口臭発生をやわらげるようにしましょう。唾液の分泌量の減少は喫煙や過度のアルコール摂取、日々の食生活などを改善することにより、改善することができます。

また肝機能の低下にはアルコールを控えることや、レバーやしじみ、豆腐、納豆など肝臓によい食べ物を食べることで肝機能を回復させて口臭の原因を抑えることができます。

お酒と口臭については「お酒の飲みすぎは口臭の原因かも!?」で詳しく紹介していますので参照してみて下さい。

入れ歯も毎日入れ歯洗浄剤などで手入れをして、寝るときは必ず外すなど、清潔に保つことが口臭対策には大切です。

歯を丁寧に磨き口内を清潔にするのももちろん大切ですが、普段から規則正しく健康的な生活を送ることが口臭対策につながってきますのでこれらのことに気をつけながら年をとっても爽やかな息を維持していきましょう。

加齢による口臭対策には消臭サプリメントがおすすめ!

消臭サプリメントとは体内で発生した悪臭成分を消臭・無臭化してくれるもので、加齢による肝機能の低下が原因の口臭に効果があります。さらに消臭サプリメントは口臭だけでなく加齢臭や体臭を抑えてくれる効果もあるので、年配の方におすすめの口臭対策グッズです

私が使用している消臭サプリは「臭ピタッ!」で1日1粒飲むだけで消臭効果が1日中持続してくれます。臭ピタッは消臭効果のある成分を3倍濃縮して作られているので高い消臭効果が得られます。また他のサプリと比較してもリーズナブルで初回はお試し価格で購入できるので初めての方にもおすすめです。

臭ピタッ!の体験レビューはこちらで紹介していますので是非参考にしてみ下さい⇒


スポンサードリンク