口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

口からアンモニアの臭いがしたら肝不全に注意

肝臓は本来体に有害な物質を解毒して体外に排出する働きがありますが、その働きが著しく低下した場合肝不全と言う状態になります。その一つのシグナルとして口臭がアンモニア臭になるといった現象があります。アンモニア臭と言えば尿の臭いなので、それが口臭として排出されるのでかなり強烈な臭いです。

肝不全と口臭の関係

肝臓の働きが低下するとなぜ口臭がアンモニア臭になるのでしょうか。それは通常アンモニアは肝臓で解毒されて尿として体外に排出されるのですが、肝臓の機能が衰えてしまっているのでアンモニアが解毒されずに血の中に吸収されてしまいます。そして血液とともに体中にめぐり、肺を通じて口臭として発せられるのです。これが肝不全と口臭のつながりとなります。

肝不全とは

肝不全には急性型と慢性型があり、急性型には劇症肝炎、慢性型には肝硬変、肝臓がん等の病気になる可能性があり、非常に恐ろしい病気です。肝不全の症状としては、黄疸、腹水、意識障害(肝性昏睡)、あざや出血を生じやすい傾向、全身倦怠感、腎機能障害などが現れます。

このように肝不全はかなり重篤な症状なので、もし自分の口臭がアンモニア臭だと指摘されたり、周りの人でアンモニア臭の人がいたらすぐに教えてあげ、病院に行って下さい。口臭がアンモニア臭の場合、肝不全だけでなくその他の重篤な病気の可能性もあります。歯磨きなどの口内ケアで様子を見るなどはやめてすぐに病院に行って診察してもらうことが重要になります。


スポンサードリンク