口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

自律神経失調症による口臭の原因と対策方法について。

自律神経失調症にはさまざまな症状があり、人によってその症状や重さも違います。そんな症状の1つに口臭がきつくなってしまうというものがあります。今回は自律神経失調症と口臭の関係について紹介したいと思います。口臭が気になるからさらに自律神経失調症がひどくなるという負の連鎖もありますので、気になる人はチェックしてみて下さい。

自律神経失調症とはどんな病気?

自律神経失調症で口臭がきつくなっている男性

私たちの体は環境・気温の変化や精神的なストレスなどからの刺激に対して体内の状態を一定に保とうとする働きがあります。この体内の働きを行っているのが自律神経です。自律神経は内臓や血管、ホルモンの分泌などさまざまな器官を調整しています。そして自律神経失調症とはこの自律神経がうまく働かなくなったときに起こる症状です。

自律神経失調症の症状と口臭の関係

自律神経失調症の具体的な症状には以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 口の乾き
  • 動悸
  • 立ちくらみ
  • 息苦しい
  • 吐き気
  • 肩こり
  • 倦怠感

上記で紹介した症状の中で口臭の原因となる症状が「口の乾き」です。口の中が乾いているということは唾液の分泌量が減少している証拠です。唾液には口内の細菌の繁殖を抑え口臭を防いでくれる役割があります。なので自律神経失調症により唾液の分泌量が減少することで口内に細菌がたくさん繁殖してしまい口臭がきつくなってしまいます。これがドライマウスによる口臭です。

口内が乾く時(ドライマウス)の口臭対策

口の中が乾いたり、唾がネバネバしているような感じの時は水分補給をすることが大切です。水分を補給することで、口の中を潤し唾液の分泌を促すことができます。また食事はしっかりよく噛んで食べることと、ガムを噛んだりすることで、顎を動かし唾液が分泌されるようになります。このように口内が乾いた状態にならないように気をつけることで口臭対策に効果があります。

自律神経失調症の改善

医師

自律神経失調症の症状は非常にたくさんあり、自覚症状も多く、非常にわかりにくい病気です。私も以前毎食後にいつも吐き気がし、食後に会議などがあると吐いてしまうかもしれないという恐怖感から昼ごはんがあまり食べれなくなった時期がありました。仕事でのストレスから夜は毎晩お酒を飲んでたので胃が荒れていることが原因かと思い、病院へ行き胃カメラを飲んで検査をしてもらいました。口臭は胃の臭いが原因だと思っていました。しかし胃は少し荒れているが特に問題はないと診断されました。

それから特に治療もせずに放置していたのですが、今は食後の吐き気もなく治っているのですが、今思うと自律神経失調症ぎみだったのかもしれません。その時周りの知人から口臭のことも指摘されましたが、自分にとって口臭なんて小さな問題で食後の吐き気が心配でたまりませんでした。現代社会では精神的なストレスを受けることが非常に多いので自律神経失調症になりやすい環境だと思います。やはり少しでも体に異変を感じたらすぐに病院に行き適切な治療やアドバイスをもらうことが何より大切だと思います。口の乾きと口臭もその一つのシグナルとしてとらえて早めに病院に行くようにしましょう。


スポンサードリンク