口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

日本人は口臭がきつい?

日本人は欧米人に比べて80歳になったときの歯の数が大幅に少ないです。これは日本人の歯の悪さを意味しており、スウェーデンでは80歳で自分の歯が20本残っているのに対し、日本では7本となっています。なぜ日本人は欧米人に比べてこんなにも歯が悪いのでしょうか?

日本でも歯ブラシや歯磨き粉、歯間ブラシなどはコンビニやドラッグストア等で手軽に買えますし、また種類も豊富に販売されています。そしてほとんどの人は少なくとも1日2回、朝と寝る前には歯を磨いています。それなのに欧米に比べて極端に歯が悪いのは日々の歯磨き以外の所に理由があります。

予防歯科とは?

欧米の多くの人は約3ヵ月に1回歯医者さんに歯を磨いてもらっているのです。自分では歯は完ぺきに磨くことはできません。必ず磨き残しがあり、これが歯垢や歯石となり虫歯や歯周病の原因となります。3ヵ月に1回歯医者さんでこれらの歯垢や歯石を取り除いてもらうことで、健康な歯を維持することができます。このように定期的に歯医者さんで歯をケアしてもらうことを予防歯科と言い、スウェーデンでは約90%、アメリカでは約80%の人が行っています。日本ではまだ約2%の人しか行っていません。

歯周病を防ごう

歯を失う大きな原因の1つは歯周病です。そして日本の成人の内約80%が歯周病になっているということなので、日本人が80歳になったときの歯の数が7本しかないのも納得できる話ですね。そして歯周病は口臭の大きな原因でもあるので、日本人は欧米人に比べて口臭が強いということが言えるかもしれません。日本人は口臭を気にしてガムタブレットマウスウォッシュなど頻繁に使う人も多いのに予防歯科を行わないというのは不思議ですね。是非みなさんも定期的に歯医者さんに行って歯磨きでは取り除けない歯垢や歯石を取り除いてもらい健康な歯とさわやかな口臭を手に入れて下さい。


スポンサードリンク