口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

1日の中で口臭がキツくなる時間帯は要注意です!

口臭は1日の中でキツくなる時間帯があります。これをわかっているとその時間帯に歯を磨いたり、ガムを噛んだりと口臭対策をとることができます。以下がそのポイントになります。

1.朝起きた直後の口臭

寝ている間は唾液の分泌量が減少し、口内が乾燥した状態になるので、口内は数多くの細菌が繁殖した状態になります。この為口臭が非常にキツくなります。もし寝る前に歯を磨かなかったり、磨き残しがあるとさらに細菌が繁殖することになりますので要注意です。これは生理的口臭で誰しもが発生するものなので対策方法はありませんが、寝る前にしっかりと歯を磨くことが少しでも口臭予防対策に効果があるといえます。

2.空腹時の口臭

空腹時は血液中の代謝物質の影響や唾液の分泌量が減少することなどにより口臭がキツくなってしまいます。なので昼食前や夕飯前は口臭に注意して下さい。これらの対策方法としては、朝食をきちんと食べることやおやつを少し食べること、またこまめにお茶などで水分補給をすると良いでしょう。

3.食後の口臭

ニンニクニラ焼肉などを食べた後は口臭が発生してしまいます。ニンニクの匂いを完全に防ぐことはできませんが、食後にお茶を飲んだり、歯磨きをすることで少しはやわらぐと思います。またコーヒーお酒を飲んだ後も口臭には要注意です。

4.緊張した時の口臭

人は緊張したりストレスを感じると口の中が乾いてしまいます。口が渇くということは唾液の分泌量が減少してしまっているということで、唾液には口内の細菌の繁殖を抑える効果があるので、口臭がきつくなってしまいます。緊張した時はお茶や水で水分補給をこまめにすると良いでしょう。

このように通常生活する上で1日に何度か口臭が発生しやすくなる時間帯がありますので少し気にとめておくと良いかもしれません。


スポンサードリンク