口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

口臭の原因になる食べ物はこれです!

たくさんのシャンパン

普段の食生活の中で口臭の原因となる食べ物と口臭の予防となる食べ物があります。
口臭の原因となりそうな食べ物を食べた時は同時に口臭の予防となる食べ物も食べる等、
口臭が気になる方は是非そういったことも気にしながら食事をすると少しは口臭が改善されるかもしれません。今回は口臭の原因になる食べ物を紹介したいと思います。

コーヒー

コーヒー

コーヒーが好きな人は朝起きてすぐに一杯や、食後や仕事中にも一日何杯も飲んでしまいますよね。しかしコーヒーにはコーヒー豆の微粒子がたくさん入っていて、その物質は舌に付着し易く口臭の原因になったり、口内のPHを下げてしまう効果があり、唾液の分泌量が減少し、口内の細菌が増え口臭の原因となってしまいます。さらにコーヒーに入れる砂糖やミルクも舌に付着しやすいので要注意です。

お酒(アルコール)

お酒

お酒(アルコール)にも口臭の原因となる要素がいくつかあります。
まず、お酒を飲むとアルコールが肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解され、これが体内に取り込まれ肺から口臭として発せられることや、その他にもお酒には利尿作用があり、体内の水分を奪ってしまい、口の中まで乾燥させてしまい、口内の細菌の繁殖に繋がって口臭の原因となってしまいます。お酒の好きな人は普段から口臭には注意してください。

ニンニク

ニンニク

ニンニクと言えば口臭の原因となる代表的な食べ物ですね。ニンニクが臭う原因はニンニクのアリシンという成分が体に入り分解され、アリルメルカプタンというニオイの原因となる物質になります。それが血液を通り、皮膚から排出されたり肺を通じて口臭として出たりすることです。ニンニクはラーメンや餃子、焼肉など見た目にはわからないように食事に入っているので要注意ですね。

ニラ・ねぎ・らっきょう

これらの食材にも先ほど紹介したニンニクと同じく、アリシンがふくまれています。なのでニンニクと同じような作用で口臭の原因となってしまいます。

ブロッコリー・キャベツ・小松菜

これらの食材は一見口臭と関係ないように見えますが実は違います。これらにはインドールという物質が含まれており、口臭の原因となります。しかしこのインドールには前立腺ガンや乳ガンの予防にも効果的なのでこれらの食材はよく摂取すると良いでしょう。
口臭は一時的なものなのでそれほど気にすることはないと思いますが、気になる方はブロッコリキャベツを食べた後はしっかり歯磨きをするとよいでしょう。

納豆

納豆は納豆菌が発酵する時に生じるアンモニア有機酸とイソバレシアン酸と呼ばれる脂肪酸が口臭の原因となります。これらの物質はニンニクのアリシンのように体内に取り込まれてニオイを発するものではなく、口の中に残った成分がニオイを発するので食後のケアで口臭をかなり無くすことができます。

これらの他にも口臭の原因となる食べ物はあると思いますが、これらの食材に注意しながら食べることで口臭改善につながると思います。またこれらの食材も健康には良いものもたくさんありますのでまったく食べないのではなく食べた後は口内のケアをしっかりする等対策をとりながらうまく付き合っていって下さい。


スポンサードリンク