口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

歯茎の色が紫になってきた時の口臭と改善方法!

健康でピンク色の歯茎

歯茎の色が健康的なピンク色だと人に与える印象も良いですよね。逆に紫色や黒ずんでいると少し不潔な感じがします。

しかも歯茎の色が赤や紫色になっている人は口臭もきつくなっている可能性が高いんです。

歯茎は歯周病菌に侵されると腫れや炎症を引き起こし、色もピンク色から赤や紫に変色してきます。

また歯周病になると生ゴミのような強烈な口臭になるので周りの人にも大変な迷惑がかかってしまいます。

歯茎の色を改善して口臭を抑えるには?

歯茎の色を健康的なピンク色に戻して口臭を抑えるには日々の口内ケアが大切です。特に歯磨きは歯周病対策に効果的なので、食後や寝る前は必ず歯を磨きましょう。

そして歯周病予防に効果のある歯磨き粉を使用することで歯茎の色の改善や口臭を予防することができます。

歯茎の色を改善する為のおすすめ歯磨き粉

歯磨き粉には商品によって口臭予防やホワイトニングなどそれぞれの効果がありますが、歯茎の色を改善して口臭を抑えるならデンタルマッサージ「マスティック&アロマ」が効果的です。

「マスティック&アロマ」は歯周病の研究から産まれた歯磨き粉で、歯茎を引き締めて健康でピンク色に改善して、口の中のネバつきも抑えて口臭を予防してくれます。

私もマスティック&アロマを使用してから2週間ほどで、歯茎の張りと色が戻ってきて、口臭も気にならなくなりました。歯茎の色や口臭で悩んでいる人はマスティック&アロマがおすすめです。

30代になったら歯周病対策をしましょう。

年齢と共に歯茎の色が赤や紫になってきていると感じていませんか?

私も20代の頃はきれいなピンク色だったのですが30代になってから少しづつ赤くなってきて、最近はさらに紫っぽい部分もでてきました。しかも歯茎の腫れや歯磨き時の出血もひどくなってきました。

人前で笑う時も「歯茎の色を見られていたらどうしよう・・・」と思うようになってきました。

しかも最近家族からは口臭がきつくなったと言われるようになったので、歯茎の色と口臭は何か関係があるのでは?と思い調べてみることにしました。

歯茎の色を変色させる1番の原因は歯周病菌でした。

歯周病とは成人の約80%がかかっている口内の病気で、初期は歯茎が腫れたり出血したりする程度ですが、進行すると歯周炎や歯槽膿漏などになり、最終的には歯が抜け落ちてしまう可能性もある恐い病気です。

歯周病菌に侵されると始めは歯茎の色が腫れによって赤くなってしまいます。そしてさらに歯周病が進行すると歯茎が紫になってしまいます。

若い頃は免疫力が高い為、歯周病菌に対しても免疫があるのですが、歳をとるにつれて免疫力が落ちるので、歯周病にもかかりやすくなります。

歯周病菌は口臭の大きな原因の1つです。

歯周病菌は口内で食べかすや剥がれ落ちた粘膜細胞を分解して生きています。この食べかすや粘膜細胞を分解する際に口臭の原因となる悪臭ガスが発生してしまいます。

だから歯茎の色が赤や紫になってきたということは歯周病菌が口内で繁殖している証拠なので、口臭もきつくなってしまいます。

健康な歯茎と口臭を改善する方法とは?

歯茎の色が赤や紫になっているということは歯周病菌に侵されて歯茎が弱ってきているということです。だから歯茎を優しくマッサージするように歯磨きをすることが大切です。

歯茎が弱って出血があるからといって磨くのを止めないで下さい。これは逆に歯周病菌の繁殖を促してしまいます。

また歯ブラシは毛の柔らかいものを使用することが歯茎を傷つけないポイントです。

歯磨き粉はどんな物が良いの?

歯磨き粉には虫歯予防、歯周病予防、歯石予防など、商品によって目的に見合った成分が配合されています。だから歯茎の腫れや炎症を抑えたい場合は、歯茎の腫れや炎症を抑える効果があるものを選ぶと効果的です。

私が使用している歯磨き粉は「マスティック&アロマ」です。「マスティック&アロマ」は歯周病研究から産まれた歯磨き粉で、歯茎の腫れ、出血、歯周病の予防に効果があり、さらに口臭の改善にも高い効果があります。

私が「マスティック&アロマ」を使い始めて1週間ほどすると歯茎がキュッと引き締まってきているのが分かり、歯茎が健康になってきているのが実感できました。さらに口内のネバネバ感が無くなり、口臭が改善されていることも家族からの証言でわかったことがかなり良かったです。

今ではマスティックアロマを3ヶ月ほど使用していますが、徐々に歯茎の色も以前のピンク色に戻ってきました。歯茎の色と口臭で悩んでいる人にはおすすめの歯磨き粉です。