口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

子供の口臭に注意してあげて下さい!

口臭の悩みで鬱になっている男の子

子供にも口臭が強い子がいてその原因はいくつか考えられます。
子供の口臭は学校などでもいじめにつながったりするので注意が必要です。子供は残酷なので何の迷いもなく口が臭いことを指摘し、言われた方はそれが後々心の傷になり、忘れられないようになったりすることもあるのです。なので親は子供の口臭が気になった場合は原因を探って解消するようにしてあげましょう。
子供の口臭の原因には次のようなものが考えられます。

歯磨きが不十分な場合

歯磨きをしている男の子

子供の口臭の原因の中でも一番考えられるのはこれで、日頃あまり丁寧に歯磨きをしていないと歯垢が沢山たまって口臭の原因になってしまいます。また、虫歯になったまま放っておいたりした場合にも口臭の原因となってしまいます。日頃より朝と夜にしっかりと歯磨きをする習慣をつけるようにしましょう。

口呼吸が原因の場合

口で呼吸することが子供の口臭の原因となっている場合があります。鼻で呼吸せずに口で呼吸をしていると口内が乾いてしまい、唾液の分泌量が減少する為口内の細菌が繁殖しやすくなってしまい、口臭の原因となってしまいます。また口での呼吸は口臭だけでなく慢性的な耳鼻科アレルギーになったり、アトピーになったりするので注意が必要です。子供が口呼吸の場合は早めに病院に行き受診・相談すると良いでしょう。

扁桃腺とアデノイドが口臭の原因の場合

扁桃腺のイラスト

アデノイドとは鼻の奥のほう(のどちんこの裏)にあるリンパ組織のことで、アデノイドが原因の口臭には2種類あります。
一つ目は炎症が悪化して臭いのある膿などが出た場合はそれが口臭の原因となる場合があります。2つ目はアデノイド(咽頭扁桃)が大きくなりすぎて、鼻から呼吸がしづらくなり、ほとんど口からの呼吸になってしまい、口内が乾くので唾液の分泌量も減り、口内に細菌が繁殖して口臭の原因となってしまう場合があります。アデノイドは口臭だけでなく、微熱がでやすくなったり、記憶力、発育不良の原因となったりもするので、できるだけ早く病院に行き医者に相談すると良いでしょう。

子供の頃に口臭でいじめられたりすると大きくなった時にトラウマになってしまい、本当は口臭がないのに口臭があると思い込んでしまう自臭症になったりする可能性があります。
自臭症はひどくなると会社や学校に行けなくなったり、電車やバスに乗れなくなったりと、人と会うことができなくなってしまいますので、そういった意味でも親は早めに子供の口臭に気づいてあげて対処してあげる必要があると言えるでしょう。

大人の口臭は舌の汚れ(舌苔)が原因だったりするので舌を磨くことがすすめられたりするのですが、子供の場合は舌を磨くことはよくありません。大人と同じようにをブラシで磨いたりすると舌の表面を傷つけてしまい唾液の分泌量を減少させてしまいます。結果口臭の原因となってしまいます。

このように子供の口臭にはさまざまな原因が考えられますので、親が注意しながら適切な対応をしてあげることが大切になってきます。


スポンサードリンク