口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

お酒の飲みすぎは口臭の原因かも!?

お酒を飲みすぎた次の日って口臭がきつくなっている気がしませんか?

二日酔いの男性

私もお酒が大好きで以前は毎日飲んでいました。
ある日、家族から口臭がきつくなっていると言われたので、歯磨きや歯間ブラシなどでしっかりと口内ケアをするようになりました。しばらく経っても口臭が改善されなかったので「おかしいな・・・」と思いながら過ごしていました。

ある時、会社で健康診断があったので、3日前から大好きなお酒を我慢することにしました。すると家族から口臭がましになっていると言われました。これはもしかしてお酒が口臭の原因だったのでは?と思い調べてみると、お酒には口臭を発生させる2つの要因がありました。

1.脱水症状による口臭

お酒には利尿作用があるので体内の水分を奪ってしまいます。体内の水分が不足すると口内の唾液の分泌量も減少してしまいます。唾液には口の中の細菌の繁殖を抑えて清潔に保つ働きがあるので、唾液が減少すると口内に細菌が繁殖しやすくなり、口臭がきつくなってしまいます。お酒を飲んだ後に口が乾いてネバネバするのはこのせいです。

お酒を飲んだ後の脱水症状を抑えて口臭対策するなら水分補給が必須です。飲んだお酒の2倍の量の水分(アルコール以外)を摂取しなければならないと言われています。お酒をたくさん飲む人は2倍の量の水を飲むのは大変ですね。

2.毒性物質アセトアルデヒドによる口臭

お酒を飲むとアルコールは肝臓でアセトアルデヒドという毒性物質に分解されます。通常アセトアルデヒドは更に酢酸という体に害のない成分に分解されて尿や汗として体の外へ排出されるのですが、アルコールを大量に飲んだり、毎日の飲酒で肝臓の働きが弱っているとアセトアルデヒドの分解が滞ってしまい、アセトアルデヒドが血液の中に溶け込んでしまい体中を巡ってしまいます。

アセトアルデヒドが血液の中に溶け込んで体中を巡るとアルコールや酸っぱい臭いの体臭の原因になったり、肺にまで運ばれてくると口臭の原因になってしまいます。またアセトアルデヒドは二日酔いを引き起こす要因でもあるので、二日酔いの時は特に口臭に気をつけなければなりません。

お酒を飲んだ後は口臭サプリが効果的でした!

サプリメント

お酒が口臭の原因とわかったのでお酒を控えるのが一番なのですが、仕事の付き合いで飲む機会も多かったので、口臭対策に消臭サプリを飲んでみることにしました。消臭サプリは体内で発生した悪臭成分に直接働きかけて臭いを消す効果のあるもので、以前友人が口臭を抑える為に飲んでいたのを思い出しました。

さっそく各種消臭サプリを調べてみて、初回のお試し価格が1番安かった「臭ピタッ!」を試してみることに・・・
すると飲みはじめて3日後にさっそく効果が現れました。それは便の臭いがいつもより臭くないことでした。いつも私の後のトイレをすごく嫌がっていた家族が、何も文句を言わずに出てきたのです。

さらに、前日にかなりお酒を飲んでしまったのですが、いつもなら絶対に家族から口が臭いと言われる状態なのに、消臭サプリを飲んでいると口臭がほとんど気にならないと言われました。これは消臭サプリの効果だと実感したので、毎日サプリを飲み続けています。それからは口臭について指摘されることや不安なこともないので、臭ピタッ!は使用した95%もの人がその効果を実感しているのも納得できました。
お酒をよく飲む人の口臭対策にはおすすめのサプリメントです。

口臭サプリメント「臭ピタッ!」の体験レビューはこちら⇒


スポンサードリンク