口臭の悩みスッキリ解決

口臭の原因と臭い息を治す方法が見つかります。

アデノイドが口臭の原因!?

口を大きく開けて喉を見せる男の子

子供の口臭の原因の一つにアデノイドがあります。
アデノイドってあまり聞かない名前だと思いますが、いったいどのようなものなのでしょうか?子供の口臭はいじめにつながったりする可能性もあるので早めに対処してあげたいですよね。

アデノイドとは?

アデノイドとは鼻の奥のほう(のどちんこの裏)にあるリンパ組織です。
咽頭扁桃とも言われ口や鼻から入ってくる病原菌が体内に入るのを防いだり、病原体に対する免疫を作ったりする働きがあります。そしてこのアデノイドは免疫機能が弱い幼児期に病原菌の侵入を防ぐ為大きさがピークになります(中学正くらいになると免疫機能が発達するため大人の大きさになります)。しかしこのアデノイド(咽頭扁桃)が大きくなりすぎると、急性感染や慢性持続感染を誘発します。炎症が続くと微熱がでやすくなります。

アデノイドと口臭

喉の断面図のイラスト

アデノイドが原因の口臭には2種類あり、一つ目は炎症が悪化して臭いのある膿などが出た場合はそれが口臭の原因となる場合があります。2つ目はアデノイド(咽頭扁桃)が大きくなりすぎて、鼻から呼吸がしづらくなり、ほとんど口からの呼吸になってしまい、口内が乾くので唾液の分泌量も減り、口内に細菌が繁殖して口臭の原因となってしまう場合があります。

アデノイドは口臭の原因だけでなくその他の病気の原因にもなります。
鼻との通り道だけでなく耳との通り道もふさいでしまい、聴力が低下してしまったり、呼吸がしづらいので疲労しやすく、記憶力、発育不良の原因にもなってしまいます。
一昔前は大きいだけで手術で摘出することが勧められていたようですが、最近では様子をみながら手術が必要な場合は行うケースが増えているようです。
もしお子さんがそのような症状の場合は早めに病院に行って医者に相談すると良いでしょう。口臭だけでなくその他の発育や記憶力などにも影響してくるのでとても重要なところです。


スポンサードリンク